トップページがん医療 ›がんの診療実績

がんの診療実績
(大阪府がん拠点病院)

厚生労働省は、平成16年度から開始された「第3次対がん10か年総合戦略《で、高い水準のがん医療の「均てん化《により、全国どこでも誰もが、標準的ながん医療が受けられるようにすることを目標としています。その実現に向けて、大阪府では、がん診療連携病院の機能の充実強化や診療連携体制の確保などの整備を推進しています。

がん医療の「均てん化」を推進するために、各都道府県による推薦をもとに、厚生労働省が指定した病院です。都道府県に原則1ヵ所指定される都道府県がん診療連携拠点病院と、2次医療圏に概ね1ヵ所指定される地域がん診療連携拠点病院があります。

専門的ながん診療機能の充実を図るため大阪府が指定した病院で、上記がん診療連携拠点病院と連携し、大阪府のがん医療水準の向上を図るとともに、府民が安心かつ適切ながん医療を選択できることを目的としています。

手術数・生存率・届出数等の状況

以下のページをご覧になる前に

これらの表をご覧になる場合は、単純に数値だけをみて診療数が多い少ない、生存率が高い低いと考えるのではなく、大阪府がん登録への報告状況や各医療機関の他府県患者の占める割合等、様々な要因を考慮する必要があります。各表にある注釈についてよくお読みください。
大阪府のがん拠点病院の診療成績と生存率に関する情報は、公表に同意のあった医療機関を掲載しています。