がん医療アクションプラン treatment

がん医療を推進するためのアクションプラン

大阪府がん対策推進計画では、がん対策の柱の一つとして「がん医療」が掲げられ、府民が均しく標準的ながん医療が受けられるよう、医療機関の役割分担と連携体制を充実(がん医療の均てん化)し、①がんによる死亡者の減少、②患者のQOL向上、を目指したがん医療が推進されています。
さらに、がん医療を推進するためのアクションプランに沿って、様々な情報が公表されています。


がん医療アクションプラン

※1「当該がん患者の5年相対生存率(2000-2004年診断)-3%」を下回る、国/府指定がん拠点病院の5年相対生存率(2000-2004年診断)のうち、各医療機関の観察数と受療の望ましい医療機関数を考慮して受療の望ましい医療機関群を設定し、その群の生存率を算出。生存率=(Σ各医療機関の生存率×観察数)/Σ観察数
※2 差の単位を「ポイント」とした。

↑このページのトップへ

ページトップへ