禁煙支援クリニカルパス
 2005年5月より、入院予定の喫煙者への入院前からの禁煙支援を目的として、
禁煙支援クリニカルパスを導入しています。


禁煙支援クリニカルパスシート
 (PDF,72KB)

禁煙支援クリニカルパスを実施するメリットとして以下のことが挙げられます
特定の職員に禁煙支援の負担が集中しない
1人の職員が1患者に対して何度も指導するよりも、その患者に関わる複数の職員から指導を受ける方が説得力がある
パスシートを用いることで職員のスキルや経験に影響されずに、標準化された支援を行うことができる
パスを発行する対象者
主治医より入院を指示された時点で喫煙しているか、禁煙を開始して1ヶ月以内の者
指導のタイミング、実施場所、配布物
回数 タイミング 実施場所 配布物
1回目 入院指示日 外来にて たばこを吸われる・やめて間もない患者さまへ
−入院が決まったら−
(PDF,173KB)
2回目 入院日 病棟にて たばこを吸われる・やめて間もない患者さまへ
−入院の日から−
(PDF,84KB)
3回目 退院日 病棟にて 入院前にたばこを吸っていた患者さまへ
−退院おめでとうございます−
(PDF,72KB)
禁煙カレンダー・シール・マグネット(PDF,145KB)
   各時点での指導内容の概要は、禁煙支援クリニカルパスシートの内容をご参照ください





戻るボタン