タバコ対策アクションプラン t_measures

喫煙率の目標値

2007年、国によりがん対策推進基本計画が策定され、多くの都道府県では喫煙に関する目標値が設定されました。(表)大阪府では、喫煙率の半減、成人男性の喫煙率を20%以下、成人女性の喫煙率を5%以下にすることが目標とされました。未成年者・妊婦では0%が目標です。しかし、これらの目標の達成は容易ではありません。

(表)都道府県のタバコ対策の関連データ:現状、目標値、達成率 (成人と男女別、都道府県別、健康日本21計画の中間評価後)

都道府県名 現状(喫煙率) 目標値(喫煙率等) 達成率
北海道 成人男性 44.8%、成人女性 12.1% 成人男女とも全国平均以下 やや改善されているが未達成
青森県 男性 39.4%、女性8.2% 男性 25%以下、女性 5%以下
岩手県 禁煙希望者の禁煙達成向上による成人喫煙者の増加(基準値 73.9%、中間値76.5%、目標値80%以上) 42.6%(達成率)
秋田県 成人男性 37.3%、成人女性 7.6% 成人男性 減少、成人女性 減少
茨城県 男性 53.8%、女性10.6%(平成15年度) 男性20%、女性3%
埼玉県 23.6%
男性 39.7%、女性9.6%
千葉県 男性 34.8%、女性10.8% 男性26%、女性6%
神奈川県 男性 40.9%、女性12.8%
(喫煙習慣者、平成15年度) その他、年齢別数値あり
(県民健康・栄養調査結果より)
新潟県 男性 43.4%、女性8.2% (平成16年度) 男性39%、女性5%
富山県 男性40%以下、女性10%以下
福井県 男性 42.0%、女性 6.2% 男性32.0%、女性4.0%
静岡県 5年毎に実施している県民健康基礎調査による 20歳代:男性50%以下、女性20%以下
30歳代:男性50%以下、女性13%以下 中間評価に伴い、喫煙習慣のある20歳以上の男女の目標値を追加。 男女別で半減(目標値をがん対策推進計画にあわせ見直し)
20歳代、30歳代
男女の目標値は達成
愛知県 21.6% (男性34.7%、女性10.2%)
京都府 男性32.8%、女性7.8% 現状以下 男性:改善傾向
女性:現状維持
奈良県 男性39.8%、女性13.3% 減少
和歌山県 男性28%、女性4%(平成24年度)
鳥取県 男性 30%、女性 2%  
島根県 男性全年齢 40.1%(平成19年度) 男性全年齢 30.1%(平成24年度)
徳島県 男性39.8%、女性8.0% 1割減少
愛媛県 女性の喫煙率:20歳代10%以下
30歳代5%以下
高知県 男性36%、女性8.6% 男性25%以下、女性5%以下
長崎県 男性36%、女性4%

※ただし、健康日本21計画に記載されていない喫煙率を含む

出典:国立がんセンター研究所タバコ政策研究プロジェクト、都道府県のタバコ対策の現状と政策環境、平成21年8月

2012年、次期がん対策推進基本計画において、国は喫煙に関する個別目標を設定しました。

喫煙率については、2022年度までに、禁煙希望者が全員禁煙することにより成人喫煙率を12%とすることと、未成年者の喫煙をなくすことが目標とされました。さらに、受動喫煙については、行政機関及び医療機関は2022年度前に受動喫煙の機会を有する者の割合を0%、職場については、事業者が「全面禁煙」又は「喫煙室を設けそれ以外を禁煙」のいずれかの措置を実現することが目標とされ、また、家庭、飲食店については、喫煙率の低下を前提に、受動喫煙の機会を有する者の割合を半減し、2022年度までに家庭は3%、飲食店は15%とすることが目標とされました。

ただし、国の目標値設定はタバコ対策の具体的な推進のために重要ですが、都道府県における独自の目標設定も重要です。すでに国の目標よりも高い目標を掲げている場合には、それを後退させる必要はありません。目標を達成するために、さらなるタバコ対策の推進が求められます。

↑このページのトップへ

ページトップへ