大阪府がん登録に関するQ&A(医療関係者向け) registration

最終更新日 2008年4月15日


大阪府がん登録に診療情報を提供するにあたり、個別の説明・同意が必要?

いいえ、必要ありません。
地域がん登録事業への診療情報の提供は、厚生労働省健康局長より、個人情報保護法等*1における「利用目的による制限」および「第三者提供の制限」の本人同意原則の適用除外の事例に該当する旨の通知がなされています(2004年1月)
また、「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイドライン」(厚生労働省、2004年12月)では、地域がん登録事業への情報提供は、公衆衛生の向上のために特に必要がある場合にあたり、「本人の同意を得る必要はない」と明記されています。

※1:「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」及び「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」を含みます。

↑このページのトップへ

大阪府がん登録資料を利用できますか?

届出医療機関に対する各種の情報サービス(届出患者のリスト作成、統計表作成)は随時、また、がん登録資料の研究的利用につきましては、所定の手続き、審査を経て、ご利用いただけます。
がん登録資料の利用については、「大阪府悪性新生物患者登録資料利用に関する取扱要領」に沿って実施されます。

↑このページのトップへ

ページトップへ