スタッフ紹介 profile

大川 純代

大川 純代(おおかわ すみよ)

がん対策センター 研究員

略歴

2002年
大阪府立看護大学 卒業
2002-2007年
国家公務員共済組合連合会虎の門病院 血液科 看護師
 
2010年
東京大学大学院医学系研究科 国際地域保健学 修士課程修了
2013年
東京大学大学院医学系研究科 国際地域保健学 博士課程修了
2014-2016年
東京大学大学院医学系研究科 国際地域保健学 特任研究員
ガーナEMBRACE実施研究プロジェクト
2016-2017年
ハーバード大学公衆衛生大学院 武見国際保健プログラム
 
2018年-現在
大阪国際がんセンター がん対策センター疫学統計部 研究員
 

主な研究・専門分野

国際保健、がん疫学、母子・思春期・若年成人の健康、ヘルスサービスの質、Implementation research

主な論文

  • 1. Okawa S, Mwanza-Kabaghe S, Mwiya M, Kikuchi K, Jimba M, Kankasa C, Ishikawa N. Sexual and reproductive health behavior and unmet needs among a sample of adolescents living with HIV in Zambia: a cross-sectional study. Reproductive Health. 2018;15:55.
  • 2. Okawa S, Mwanza Kabaghe S, Mwiya M, Kikuchi K, Jimba M, Kankasa C, Ishikawa N. Psychological well-being and adherence to antiretroviral therapy among adolescents living with HIV in Zambia. AIDS Care. 2018;30:634-642.
  • 3. Kikuchi K, Ansah EK, Okawa S, Enuameh Y, Yasuoka J, Nanishi K, et al. Effective linkages of continuum of care for improving neonatal, perinatal, and maternal mortality: a systematic review and meta-analysis. PLoS One. 2015;10(9):e0139288.
  • 4. Kikuchi K, Ansah E, Okawa S, Shibanuma A, Gyapong M, Owusu-Agyei S, et al. Ghana's Ensure Mothers and Babies Regular Access to Care (EMBRACE) program: study protocol for a cluster randomized controlled trial. Trials. 2015;16:22.
  • 5. Okawa S, Chirwa M, Ishikawa N, Kapyata H, Msiska CY, Syakantu G, et al. Longitudinal adherence to antiretroviral drugs for preventing mother-to-child transmission of HIV in Zambia. BMC Pregnancy Childbirth. 2015.12;15:258.
  • 6. Okawa S, Yasuoka J, Ishikawa N, Poudel KC, Ragi A, Jimba M. Perceived social support and the psychological well-being of AIDS orphans in urban Kenya. AIDS Care. 2011;23:1177-85.

ひとこと

疫学研究をとおして、日本国内のがんの予防と医療ケアの向上のためにお役に立てるよう努力します。一方、多くの国々では、いまだにがんの予防・医療ケアが人々に行き届いていません。将来的には、日本でのがん疫学の知見が、そのような国々で用いられるような働きができればと思います。

↑このページのトップへ

ページトップへ