スタッフ紹介 profile

森島 敏隆

森島 敏隆(もりしま としたか)

がん対策センター 政策情報部リーダー

略歴

1996年
私立甲陽学院高等学校卒業
2003年
京都大学医学部卒業
2003年
京都大学医学部附属病院 内科研修医
2004年
大阪府済生会中津病院 内科研修医、呼吸器内科専修医、呼吸器内科医員
2009年
京都大学大学院医学研究科(医療経済学分野)博士課程入学
2013年
京都大学大学院医学研究科博士課程修了、博士(医学)取得
2013年
京都大学大学院経済学研究科 日本学術振興会特別研究員(PD)
2014年
英国 Imperial College London, School of Public Health 客員研究員
2015年
大阪府立成人病センター がん予防情報センター. 現在に至る
2016年
京都大学大学院 非常勤講師 兼任
2016年
立命館大学 非常勤講師 兼任

主な研究・専門分野

がん医療の均てん化、医療の質、医療経済、レセプト・DPCデータ、がん登録、レジストリデータ、医療介護ビッグデータ、費用対効果、経済評価、医療政策、疫学、公衆衛生、病院経営、病院管理、病院の組織文化、終末期医療

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本呼吸器学会

フェローシップ・受賞

2013年
日本学術振興会 特別研究員(PD)
2013年
Daiwa Anglo-Japanese Foundation, Daiwa Foundation Small Grants

主な論文

  • 1. Ukawa N, Tanaka M, Morishima T, Imanaka Y. Organizational culture affecting quality of care: guideline adherence in perioperative antibiotic use. International Journal for Quality in Health Care 2015;27(1):37–45. PubMed PMID: 25502553.
  • 2. Otsubo T, Goto E, Morishima T, Ikai H, Yokota C, Minematsu K, Imanaka Y. Regional variations in in-hospital mortality, care processes, and spending in acute ischemic stroke patients in Japan. Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases 2015;24(1):239–251. PubMed PMID: 25444024.
  • 3. Kobuse H, Morishima T, Tanaka M, Murakami G, Hirose M, Imanaka Y. Visualizing variations in organizational safety culture across an inter-hospital multifaceted workforce. Journal of Evaluation in Clinical Practice 2014;20(3):273–280. PubMed PMID: 24661540.
  • 4. Morishima T, Lee J, Otsubo T, Imanaka Y. Association of healthcare expenditures with aggressive versus palliative care for cancer patients at the end of life: a cross-sectional study using claims data in Japan. International Journal for Quality in Health Care 2014;26(1):79–86. PubMed PMID: 24225269.
  • 5. Kunisawa S, Morishima T, Ukawa N, Ikai H, Otsubo T, Ishikawa K, Fushimi K, Yokota C, Minematsu K, Imanaka Y. Association of geographical factors with administration of tissue plasminogen activator for acute ischemic stroke. Journal of the American Heart Association 2013;2(5):e000336. PubMed PMID: 24045119.
  • 6. Park S, Sasaki N, Morishima T, Ikai H, Imanaka Y. The number of cardiologists, case volume and in-hospital mortality in acute myocardial infarction patients. International Journal of Cardiology 2013;168(4):4470–4471. PubMed PMID: 23871346.
  • 7. Morishima T, Lee J, Otsubo T, Ikai H, Imanaka Y. Impact of hospital case volume on quality of end-of-life care in terminal cancer patients. Journal of Palliative Medicine 2013;16(2):173–178. PubMed PMID: 23140184.
  • 8. Lee J, Morishima T, Park S, Otsubo T, Ikai H, Imanaka Y. The association between health care spending and quality of care for stroke patients in Japan. Journal of Health Services Research & Policy 2013;18(2):77–82.
  • 9. Morishima T, Ikai H, Imanaka Y. Cost-effectiveness analysis of omalizumab for the treatment of severe asthma in Japan and the value of responder prediction methods based on a multinational trial. Value in Health Regional Issues 2013;2(1):29–36.
  • 10. Morishima T, Imanaka Y, Otsubo T, Hayashida K, Watanabe T, Tsuji I. Burden of household environmental tobacco smoke on medical expenditure for Japanese women: a population-based cohort study. Journal of Epidemiology 2013;23(1):55–62. PubMed PMID: 23183111.
  • 11. Lee J, Morishima T, Kunisawa S, Sasaki N, Otsubo T, Ikai H, Imanaka Y. Derivation and validation of in-hospital mortality prediction models in ischaemic stroke patients using administrative data. Cerebrovascular Diseases 2013;35(1):73–80. PubMed PMID: 23429000.
  • 12. Morishima T, Otsubo T, Gotou E, Kobayashi D, Lee J, Imanaka Y. Physician adherence to asthma treatment guidelines in Japan: focus on inhaled corticosteroids. Journal of Evaluation in Clinical Practice 2013;19(2):223–229. PubMed PMID: 21689218.

著書

  • 1. Otsubo T, Imanaka Y, Morishima T, Sasaki N, Park S, Lee J (2016). Variations in healthcare spending and quality among institutions. In: Sobolev B (Series ed), Johnson A, Stukel T (eds). Health Services Research Series. Medical Practice Variations. Springer, New York, pp 383–406. Print ISBN-13: 978-1-4899-7602-4. http://link.springer.com/referenceworkentry/10.1007/978-1-4899-7603-1_89

競争的資金

  • 1. 2016年度–2019年度. 日本学術振興会. 科学研究費補助金(若手研究(B)). 代表研究者. がん登録とDPCデータの連携:がん医療の均てん化と医療情報基盤の発展に向けて.
  • 2. 2015年度. 公益財団法人大阪対がん協会. 平成27年度がん研究助成奨励金(疫学の部). 代表研究者. がんの診断・治療から死亡までの地域連携の実態の変遷と病院・地域による違い.
  • 3. 2015年度. 公益財団法人大阪府保健医療財団. 平成27年度大阪がん予防対策基金研究助成. 代表研究者. 喫煙習慣が肺がん患者の生存期間に及ぼす影響.
  • 4. 2013年度–2015年度. 日本学術振興会. 科学研究費補助金(特別研究員奨励費). 代表研究者. 医療の質と医療費と原価との関係の解明―医療の可視化と効率化の推進を目指して―.
  • 5. 2013年度. 公益財団法人テルモ科学技術振興財団. 一般研究助成. 代表研究者. 終末期における医療費と医療の質の関係の可視化とその費用対効果.
  • 6. 2013年度. 京都市. 京都発革新的医療技術研究開発助成事業. 共同研究者. 超高齢社会における医療・介護・保健のリソースロジスティックス多次元診断システム.
  • 7. 2011年度. 京都大学教育研究振興財団. 国際研究集会発表助成. 代表研究者. 中等度~重度喘息のための治療薬・オマリズマブの費用効果分析.
  • 8. 2010年度-2012年度. 厚生労働科学研究費補助金. 研究協力者. 各種禁煙対策の経済影響に関する研究―医療費分析と費用効果分析―.

資格

  • 医師
  • 博士(医学)
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
  • 日本医療機能評価機構 病院機能評価サーベイヤー
  • ISO9001 審査員研修コース修了・JRCA/IRCA筆記試験合格
  • 日本医療経営機構 医療経営人材育成プログラム修了

趣味

子どもと一緒に遊びに出かけること、フィットネスクラブ通い

ひとこと

がん医療の質とその格差の解消・均てん化という視点から、大阪府と国のがんの医療の全体的な向上に貢献したいと思っています。
医師としての診療経験、日本と英国での研究経験を活かして、「彼にしかできない」と思われるような仕事をすることを目指します。

研究者情報URL(随時更新中)

http://researchmap.jp/morishima/

↑このページのトップへ

ページトップへ