スタッフ紹介 profile

宮代 勲

宮代 勲(みやしろ いさお)

がん対策センター 所長(兼 政策情報部部長)

略歴

1988年
大阪大学医学部卒業後,大阪大学医学部附属病院
1989年
国立大阪病院(現・大阪医療センター)外科
1992年
大阪大学医学部外科学第二
1993年
大阪大学微生物病研究所発癌制御分野
1995年
大阪大学医学部附属病院
1996年
米国John Wayne Cancer Institute(Department of Molecular Oncology)
1999年
大阪府立成人病センター消化器外科
2011年
同 がん予防情報センター企画調査課課長
2017年
大阪国際がんセンター がん対策センター政策情報部部長(組織改称にともなう)
2017年-現在
同 がん対策センター所長(兼政策情報部部長)

主な研究・専門分野

がん対策・がん疫学,胃外科・消化器外科学;医学博士

所属学会

  • 日本疫学会(社会医学系指導医;評議員)
  • 日本がん登録協議会(理事)
  • 日本外科学会(指導医,専門医)
  • 日本消化器外科学会(指導医,専門医;評議員)
  • 日本胃癌学会(登録委員会委員)
  • 日本臨床外科学会(評議員)

研究班活動

  • 2003年度 厚生労働科学研究費補助金「効果的医療技術の確立推進臨床研究事業」「術前化学療法による高度進行胃がんの予後改善に関する研究」分担研究者
  • 2004年度 厚生労働科学研究費補助金「がん臨床研究事業」「消化管悪性腫瘍に対するリンパ節郭清に関する研究」分担研究者
  • 2005-2006年度 厚生労働科学研究費補助金「がん臨床研究事業」「高度進行胃がんの治療に関する研究」分担研究者
  • 2007年度 厚生労働科学研究費補助金「がん臨床研究事業」「進行胃がんの生存率を向上させる標準的治療法の開発に関する研究」分担研究者
  • 2008-2010年度 厚生労働科学研究費補助金「がん臨床研究事業」「治癒切除不能胃癌に対する減量手術の意義に関する研究」分担研究者
  • 2006-2009年度 厚生労働科学研究費補助金「医療技術実用化総合研究事業」「臨床的リンパ節転移陰性胃癌に対するセンチネルリンパ節生検の安全性に関する多施設共同臨床試験」分担研究者
  • 2011年度 厚生労働科学研究費補助金「がん臨床研究事業」「既存統計資料に基づくがん対策進捗の評価手法に関する実証的研究」分担研究者

受賞等

  • 大阪対ガン協会「ガン研究助成奨励」2000-2002年度(計3回)
  • The Japanese Gastric Cancer Association "Nishi Memorial Award in Gastric Cancer" for high-qualty papers published in Gastric Cancer (volume 14), 2012

主な論文

  • Miyashiro I. What Is the Problem in Clinical Application of Sentinel Node Concept to Gastric Cancer Surgery? J Gastric Cancer, 12:7, 2012.
  • Miyashiro I et al. Randomized trial of adjuvant chemotherapy with intraperitoneal and intravenous cisplatin followed by oral fluorouracil (UFT) in serosa-positive gastric cancer. Japan Clinical Oncology Group (JCOG) 9206-2. Gastric Cancer, 14: 212, 2011.
  • Miyashiro I et al. Laparoscopic detection of sentinel node in gastric cancer surgery by indocyanine green fluorescence imaging. Surg Endosc, 25:1672-1676, 2011
  • Miyashiro I et al. Detection of sentinel node in gastric cancer surgery by indocyanine green fluorescence imaging: Comparison with infrared imaging. Ann Surg Oncol 15:1640, 2008.
  • Miyashiro I et al. When is curative gastrectomy justified for gastric cancers with positive peritoneal lavage cytology but negative macroscopic peritoneal implant? World J Surg 29:1131,2005.
  • Miyashiro I et al. Molecular strategy for detecting metastatic cancers with use of multiple tumor-specific MAGE-A genes. Clin Chem 47: 505, 2001.

ひとこと

新たな視点からがんの医療にかかわっていきます.

↑このページのトップへ

ページトップへ