がん検診アクションプラン examination

STEP2.科学的根拠に基づいたがん検診とは

科学的根拠に基づいたがん検診とは、集団を対象としたがん検診の研究により、がん検診を提供した集団におけるがん死亡率の減少が証明された検診のことをいいます。死亡率減少効果(検診の利益)だけでなく、検診による不利益のバランスを考慮し、厚生労働省により推奨された検診は以下の表の通りです。

対策型検診として行うべき有効ながん検診

がん検診の種類 検診方法 対象年齢 検診間隔
胃がん検診 胃X線検査 40歳以上 毎年
大腸がん検診 便潜血検査 40歳以上 毎年
肺がん検診 胸部X線検査
喫煙者には喀痰細胞診併用
40歳以上 毎年
乳がん検診 マンモグラフィと視触診の併用法 40歳以上 2年に1回
子宮頸がん検診 細胞診 20歳以上 2年に1回

大阪府では全ての市町村において、「推奨された」がん検診が実施されています。一方、推奨されていないがん検診(PSA検査による前立腺がん検診や子宮体がん検診など)を実施している市町村があります。がん検診は限られた資源で提供されていますので、まずは「推奨された」がん検診を正しく実施することが重要です。

詳しくは国立がん研究センターがん予防・検診研究センターが作成したWebを参照してください。

科学的根拠に基づくがん検診 推進のページ
http://canscreen.ncc.go.jp/index.html

↑このページのトップへ

ページトップへ