どのがん検診を受ければよいか examination

がん検診を受けてみたい。でも、どのがん検診を、いつ、どこで、どうやったら受診できるのか。対策型検診として、市町村で提供されているがん検診は以下の通りです。


対策型検診として行うべき有効ながん検診

がん検診の種類 検診方法 対象年齢 検診間隔
胃がん検診 胃部X線検査又は胃内視鏡検査 50歳以上 2年に1回
大腸がん検診 便潜血検査 40歳以上 毎年
肺がん検診 胸部X線検査 および 喀痰細胞診検査
(喀痰細胞診検査の対象は、原則50歳以上かつ喫煙指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が600以上の者。過去喫煙者も含む)
40歳以上 毎年
乳がん検診 乳房X線検査(マンモグラフィ) 40歳以上 2年に1回
子宮頸がん検診 子宮頸部の細胞診 20歳以上 2年に1回

※胃X線検査は、当分の間40歳以上の者を対象に年1回実施しても構わない。

上記のがん検診は厚生労働省により推奨されているがん検診です。これ以外の検診(PSA検診や子宮体がん検診など)や異なる年齢層(30代への乳がん検診など)も市町村によっては提供していることがありますが、それらは、有効性が確認されていなかったり、検診の不利益が利益を十分に上回っていなかったりするため、すすんで受診する必要はありません。まずは表に示されるがん検診を適切な年齢・検診間隔で受診することが重要です。
厚生労働省により推奨されたがん検診の詳細は以下のページを参照にしてください。
科学的根拠に基づくがん検診推進のページ
http://canscreen.ncc.go.jp/

↑このページのトップへ

ページトップへ