効果的ながん対策の企画・評価とは cancer control

がん対策の企画と評価の流れ

出 典 :
「がん死亡率減少へのアクションプラン作成の手引き 2012年7月」
「がん死亡率減少へのアクションプラン作成の手引き 第2版 2012年12月」

Step1

がんの現状を把握しましょう

Step2

分野別施策の現状を把握しましょう

Step3

全体目標を設定しましょう

Step4

分野別施策の目標(=中間目標)を設定しましょう

Step5

行動計画を作成しましょう

Step6

計画を見直しましょう

死亡率減少を全体目標とするとき、柱となる分野別施策は県の実態を踏まえ決定することにはなりますが、

  1. 1. タバコ対策(成人喫煙率の減少・受動喫煙の防止)
  2. 2. C型肝炎ウイルスキャリア対策(C型肝炎ウイルスキャリアの発見と抗ウイルス治療の完遂)
  3. 3. 胃・大腸・肺・乳房・子宮頸の各がんの早期発見・早期治療
  4. 4. がん医療の均てん化(標準治療受療の推進)

の4つは、わが国で共通しています。また、これらはいずれもがん死亡率減少のエビデンスがあり、寄与も比較的大きいです。

↑このページのトップへ

ページトップへ