研究所概要

所長からのごあいさつ


研究所の使命:基礎研究の重要性と社会貢献
本研究所の使命は、がんの克服を目指し、国際的なレベルの優れた基礎研究を行うとともに,臨床の方々と協力して独自の研究成果或いは大学や企業との共同研究の成果をがんの予防、診断、治療に資することにより、社会に貢献することです。現在我々の研究所では、基礎研究に焦点を当て、がんの生物学、糖鎖生物学、細胞死、バイマーカーの研究、オルガノイドの研究、さらには免疫学そして、ケミカバイオロジーなどを用いた創薬などの研究をしています。いずれも独創的な発想に基づく質の高い研究を目指しています。
現在世界的な傾向として、基礎研究よりも応用研究が重視され、公的な研究資金の投入もその傾向にあります。がんの研究においても例外ではありません。すなわち、基礎研究よりはトランスレーショナルリサーチやプレシジョンメデシンと呼ばれる個別化医療などが重視されています。事実、がんを患っておられる患者さんにとって画期的な治療法が導入されることを願うのは当然のことです。ノーベル賞の受賞対象となったチェックポイント療法といわれる真に画期的な治療法の開発がなされ、がん患者さんへの福音となっています。しかし、これも長年の基礎研究から生まれた成果です。がんの治療には他の技術も必要であり、軽視されがちな基礎研究の推進も大変重要です。新たな治療法の開発には多くの年月を要しますので、我々の基礎研究が短期間で直接臨床に応用されることは困難であっても、一方で基礎研究者も自分たちの背後には、連日がんに悩み、苦しむ方々がおられることを常に意識することが重要です。

 

若手の人材育成について
現在、我が国では特に基礎科学研究のレベルの低下が危惧されています。海外留学をする若い研究者が減少し、国際専門誌への掲載数も減少傾向にあります。また臨床研修制度の導入がひとつの契機になり、若い臨床医が基礎研究を経験する機会も減っています。私は臨床研修制度の中に一定期間基礎研究の経験をして、リサーチマインドを持った臨床医を育成することも大変重要と考えています。わが国でも22年度から大学の研修医を対象にこのシステムを導入すると聞いています。研究所でも基礎科学と臨床医学との交流を推進し、ひいては若手の人材育成につながるような環境を整備することが重要と考えています。若手研究者や研修医へのグラントの創設や国際会議への参加の援助なども実現したいと考えています。将来的に若手人材がさらに新たな場所ででもプロモーションできるような人材育成も考慮したいと思います。

 

共同研究の推進
大学や企業との共同研究を積極的に推進するとともに、とくに本センターには、病院部門に加えて、がん対策センター、次世代がん医療開発センター、がん治療開発センターがあり、お互いの連携を密にすることが重要と考えています。さらに、研究所の構成メンバーである部長、プロジェクトリーダー、主任研究員、研究員、実験補助、事務補助の方々、動物施設、RI施設などの責任者の方々、さらに事務管理を行う事務の方々の全面的な協力が必要と感じています。それには、お互いの情報交換、忌憚のない意見交換が必要です。
研究所のメンバーの中には大阪大学などの連携大学院の客員教授、客員准教授として兼務しているスタッフや、逆に大学から本研究所の招聘研究員として兼務してくださる教授、准教授もおられ、大学との交流を活発に行っており、事実大学院学生が研修にきています。海外からのポスドクの受け入れについても積極的に行う予定で、その体制の構築を検討中です。

 

研究の透明性とコンプライアンスについて
最近わが国でも時々問題になる研究倫理の問題や研究不正、公的資金の不正支出などの問題についても重要な課題です。遺伝子組み換えや動物の取り扱いなどにおける研究規範を遵守し、特に透明性の高い研究環境を維持し、倫理観を持った研究の推進については、日頃から研究倫理教育を徹底するのに加えて、研究者同士の十分な情報交換が必要です。このことが、研究の透明性を高め研究不正も防ぐ唯一の方策であろうかとが思います。このような点も十分配慮したうえで研究所の運営努力をしたいと考えています。

今後とも皆様のご指導ご鞭撻をお願いして挨拶にかえさせていただきます。

 

大阪国際がんセンター研究所 所長 谷口直之