ホーム > 新着情報

新着情報

2015/04/02

クイックイン(QUICK IN)外来を3月2日より実施しています

クイックイン(QUICK IN)外来の実施について
 大阪府立成人病センターは、地域の医療機関の皆様より、“敷居が高く、入院までの待ち日数も長い”との声をいただいております。確かに、今までは診療レベルを高めることに邁進した結果、平均在院日数や入院待ち・手術待ち日数が長くなり、大変ご迷惑をおかけしてきました。
私たちは、皆様からの声を真摯に受け止め、昨年度よりHCUを設置してご紹介頂いた患者さんの「がん救急」を受け入れる体制を整えるとともに、入院までの待ち日数を改善するために【平均在院日数の短縮・手術室の運用改善】にも取り組んでまいりました。現在のところ、平均在院日数は13.2日となり、手術や入院待ちの日数も非常に短くなっています。
 
 また、昨年の3月より初診患者さんを一刻も早く診察し、適切な治療方針を決定して入院につなげる、【クイックイン外来】を一部の診療科で実施してきました。今般、全診療科においても、この【クイックイン外来】を実施する運びとなりましたのでご報告申し上げる次第です。今後とも患者さんと地域医療機関の皆さまのお役に立てるよう、外来及び入院診療の改善に取り組んでいく所存です。
 
【クイックイン外来】とは?
 医療機関よりご紹介いただいた患者さんに初診日、できるだけ必要な検査を受けていただき、一刻も早く診断・治療方針を決定して入院治療につなげるものです。
 
大まかな流れは以下のとおりです。

① 今までと同様、診療情報提供書により地域連携室で患者さんのご紹介をお受けします。 

② 地域連携室から折り返し、紹介元施設へ、患者さんにお渡しいただく診察受付書・診察予約書、診察申込書、アレルギー歴等自己申告票をFAX致します。

③ 紹介元施設には「患者さんにFAX送付の3種類の書類を記入の上、初診当日に必ず持参していただく」よう、説明をお願いしています。

④ 当センターでは、医師が診療情報提供書を確認し、入院などに必要と思われる検査を予めオーダーします。

⑤ 初診日は外来受付終了後に、まず看護師による問診と事前の検査をうけていただき、得られた検査結果を参考にしながら医師が診察します。

⑥ 診察の結果、CTやエコーなどの検査が必要な場合は原則として当日に受けていただきます。初診当日の院内滞在時間は長くなりますが、治療方針が早く立てられるという利点があります。

 
 患者さんご本人のみならず、ご家族の方におかれましても、検査や入院待ちの間に生まれる不安の軽減になることを期待しています。精神的なストレスを出来るだけ排除し、がんに立ち向かう勇気を持っていただくための【クイックイン外来】、皆様のご利用をお待ちしております。
病院長 左近 賢人
 
 

新着情報一覧へ戻る

ページトップへ

新着情報