がん医療創生部

スタッフ

三吉 範克 プロジェクトリーダー
伊藤 彩 研究員
藤野 志季 共同研究者(大阪大学)
笹生 和宏 研修生
佐々木 優 研修生
早瀬 志門 研修生

 

研究テーマ

個別化治療につながる新規がん細胞培養法の構築

初代培養は、そのもととなる患者組織の情報を携えており、有用なマテリアルであると考えられています。一般的な基礎研究に用いられている細胞株とは異なり、がん細胞における初代培養は、実際の臨床では投与してからでないと分からない臨床効果などを予測できる有用性の高いモデルとなりえます。現在、安定的にがん細胞を維持培養する初代培養法は十分に確立されているとはいいがたいことから、我々のグループでは、患者組織から がん細胞を安定的に培養する方法を構築することを目指して研究を行っています。現在我々が行っている培養法により樹立されるがん細胞は、個々の患者様の臨床のがん細胞の形態や遺伝子発現が類似しており、これをiCCと名付けて解析を進めています。消化器がんを中心に様々な固形腫瘍においてiCCの樹立方法について検討し、また解析を進めています。樹立されたiCCを用いた化学療法の感受性試験の結果から、このiCCは臨床での治療経過を予測できる有用なモデルであることが期待されます。

 

がん治療におけるリスクを評価する予測モデルの構築

我々のグループではがん治療における臨床情報や病理結果と治療経過を解析することで、再発などの予後を推定する予測モデルの構築を行っています。この臨床病理学的な情報については、コンピューターアルゴリズムのみならず、AIによるdeep learning等を用いることで、高い精度で予後を予測できることが示されています。従来のステージング分類などに加えて、このような予測モデルを応用することで、臨床医のみならず患者様側にも有用な治療計画を提案することが可能になるものと期待されます。