薬剤管理指導

≪薬剤管理指導、病棟薬剤業務≫
 各病棟に薬剤師を配置し、患者さんのベッドサイドでお薬の正しい使い方、注意が必要な副作用とその対処などの説明(薬剤管理指導業務)を行っています。更に、2014年9月からは病棟薬剤業務(ICUを除く)も実施しています。

≪外来がん患者指導、クイックイン外来、お薬外来≫
 がん専門薬剤師が外来化学療法室の説明室で文書による抗がん剤の説明を行っています。
 また、外来診察室の一つを使用し「クイックイン外来」と「入院前お薬外来」を行っています。クイックイン外来では、紹介患者さんの初診日に看護師の問診後に薬剤師が服用中の薬剤を確認し、当日の検査が円滑に進むようにビグアナイド系薬剤服用の有無を確認し、電子カルテ上で医師に情報提供しています。
 入院前お薬外来では、予約患者さんに対してOTCやサプリメント等も含めた全ての持参薬鑑別を行い「外来持参薬」としてオーダ入力するとともに、術前中止が必要な薬剤の内服状況を主治医に連絡し、薬剤中止における重要な役割を果たしています。
 1階薬局窓口横の「説明室」では、院内・院外処方にかかわらず、医師からの依頼に応じて抗がん剤や麻薬等について患者さんの理解度に応じた服薬指導を行い、安全に安心して内服していただけるように取組んでいます。抗がん剤についてはがん専門薬剤師が対応するようにしており、副作用確認のため複数回の指導も行っています。また、窓口で薬を交付する際にも、初回の薬剤や検査用薬剤、用法・用量の変更のあった薬剤等は、特に注意して説明を行っています。