院内製剤

 院内製剤とは薬剤師により院内で調製され、その施設内で使用される特殊製剤のことです。薬物治療において、市販されているお薬では効果が得られない場合、市販されている剤形(薬の形)そのままでは治療に使用できない場合など、薬物治療上のニーズに応じて、個々の患者さんにあわせてお薬(院内製剤)を調製しています。院内製剤によって薬物治療は向上し、患者さんのQOL(Quality of Life:生活の質)の向上につながります。
 院内製剤の調製にあたっては、科学的・倫理的妥当性について十分に考慮し、市販の医薬品と同様に品質を確保し、有効性・安全性・安定性の面についても配慮しています。このように院内製剤の調製は、疾病に関する知識に加えて薬剤師の幅広い薬学的知識と技術が結集された業務です。