委員会の運営

医薬品採用審査部会

 医療機関で用いる医薬品は、その医療機関の性格や医療行為に合わせ、経済的な視点も加味して決めるべきです。患者さんの利便や嗜好も考慮しなければなりません。当センターの医師が処方できる薬剤はすべて「医薬品採用審査部会」で承認されたものです。この部会の事務局は薬局が担っています。

プロトコール審査部会

 最近の抗がん剤治療では、複数の薬を組み合わせて使うことが多くなっています。 この組み合わせと治療のスケジュールを文書で決めたものを「レジメン(プロトコール)」といいます。どの患者さんのどのがんにどのレジメン(プロトコー ル)を使うのが適切であるかについて検討・審査するのが「プロトコール審査部会」です。この部会の事務局は薬局にあり、審査の前に、治療根拠となる論文 (エビデンスといいます)や他の薬剤との組み合わせが適切かどうかを担当薬剤師があらかじめチェックします。

医薬品安全管理委員会

 院内で用いられるすべての医薬品について、その安全な使用法や取り扱いを検討するのが医薬品安全管理委員会です。この委員会の委員長が医薬品安全管理責任者で、医療安全専従の薬剤師が担っています。