調剤(内服・外用薬)

 有効で安全な薬物治療をサポートするため、用法・容量、相互作用、禁忌、複数受診科における重複などをチェックしています。また、抗がん剤は、薬剤の有効量と副作用を誘発する量がきわめて狭いため、身長、体重、体表面積、薬歴表、検査データ、疾患名、レジメン名をチェックし、お薬の量や投与間隔が適切かどうかを確認しながら調剤を行っています。