入院中のお食事

入院中の食事は治療の一部であり、入院生活を充実させる重要なものです。メニューは単調にならないように、和・洋・中華風をバラエティに富んだ内容で組み合せています。また季節感を味わえる食材を取り入れ、おいしさや食べやすさに気をつけることを心がけています。こだわりの調理法で患者さまの快適性の向上を目指し、心のこもった食事のご提供に努めています。
食事量や食事に関する質問・疑問などがございましたら、担当の看護師にご遠慮なくお申し出ください。
また、一部の患者さまは、特定の曜日に複数のメニューの中からいずれかのメニューを選んでいただくこともできます。

お食事の時間

朝食
午前8時
昼食
正午
夕食
午後6時

食事療養費の標準負担額は、保険の種別に関わらず1人1食につき360円です。
(市区町村民税非課税世帯210円、市区町村民税非課税世帯で老齢福祉年金受給者100円)

選択食

複数のメニューからセレクト

月曜日・火曜日・水曜日

特別選択食

通常とは内容が異なる

※保険外負担金600円が必要です。
毎週土曜日 昼食・夕食

※食事の内容が変更された場合は、希望にそえないことがあります。看護師にご確認ください。

疾患別の治療食

常食のほか、治療食は心臓病食や糖尿病食など疾患別に約60種類あります。

さらに患者さまの病態や病状に合わせアレルギー禁止食や個別対応のお食事もお出ししています。

行事食

入院中の療養食生活に変化とうるおいを持たせるために、常食や治療食を召し上がっている患者さまへ、月1回以上の行事食や手作りカレーの日を設けてご提供しています。

1月
お正月料理
7月
七夕の日
2月
節分の日
8月
夏バテ予防のお弁当
3月
桃の節句
9月
お彼岸
4月
お花見弁当
10月
秋の行楽弁当
5月
端午の節句
11月
重陽の節句
6月
春の行楽弁当
12月
クリスマス料理

※四季折々の行事食には、手作りのメッセージカードを添えています。他に、麺の日、手作りデザートの日もございます。
※お誕生日を迎えられた患者さまには、ささやかなプレゼントを添えさせていただいています。

個別対応

特有の問題を抱えられた患者さまへは、個別対応で、とろみをつけたり、すりつぶしたり、刻んだりと、個々の患者さまの状態に応じた食べやすさへの配慮を行っております。

食欲不振への対応

がん治療中に生じた吐き気、嗜好の変化などで、食欲が低下されたり、
あるいはそれらが増悪された患者さまにも、少しでも召し上がっていただくために、
食欲が回復するまでの一時的な対応として嗜好を優先した放射線化学療法食を設けています。

治療による口内炎でしみる症状への対応では、食酢・刺激物(わさび・からし・カレー粉など)・柑橘類などを避けたメニューを提供しています