人間ドックのご案内

  • 診療内容 / 実績
  • スタッフ紹介

がんと循環器疾患における経験豊富な専門医が精度の高い診断を行ないます。

成人病ドック科では、2泊3日と1泊2日の入院コースで人間ドックを行っています。当科における人間ドックの最大の特徴は、がんと循環器疾患の診療において臨床現場で鍛えられた経験豊富な専門医と医療スタッフにより行われ、精密かつ確実な診断を行っているところです。当科の人間ドックでは、健康を維持するために必要な情報を提供するだけではなく、診断結果で異常を指摘された場合には、当センターの各診療科で疾患の精査ならびに治療を行うことができます。

>>人間ドックのコース、料金、検査項目などの詳細はこちら

>>平成30年度 人間ドック受診申し込みのお知らせ

診療実績(平成26年度)

平成26年度の受診者数は344名(受診者枠347枠:稼働率99.1%)でした。1泊2日ドックは188名、2泊3日ドックは156名でした。当センター受診者の特徴として、既往歴にがんを有する受診者が92名全体の3割近くを占めています。また、当センターの精密健診は他施設に比べ検査密度が高いことから、検査陽性例が多く、異常を指摘された受診者の多くは当センター内の各科へ紹介されており、院内紹介率は47.7%(2月まで)と高い値となっています。当センター精密健康診断受診者でのがん発見率は、平成25年度において平成25年度受診者335名のうち19名(5.67%)でした。内訳は胃がん5例、前立腺がん5例、胃がん3例、大腸がん3例などであり、2年以上の経過で診断が可能となった症例も含まれています。

スタッフ紹介

職 名 氏 名 専門分野 認定医/専門医/指導医
部長(兼任) 向井 幹夫 人間ドック
循環器疾患
腫瘍循環器
老年病
人間ドック健診専門医
人間ドック健診情報管理指導士
日本成人病学会認定管理指導医
日本医師会認定産業医
日本循環器学会専門医
日本老年医学会指導医・専門医
日本内科学会指導医・認定医
日本高血圧学会指導医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
医師臨床研修指導医
副部長 岡 亨 循環器疾患
内科一般
医師臨床研修指導医
大阪大学医学部大学院医学系研究科 招聘教員

横スクロールできます