専門看護師・認定看護師

19名の専門看護師・認定看護師が活躍しています。

がん看護専門看護師 5名

 がん看護専門看護師は、患者さんやご家族が困っておられるこころやからだの問題に対して専門的な知識と技術をもとにケアを行います。患者さんやご家族が納得して治療を受けられるように、そして少しでも楽に療養生活が送れるように他の医療従事者との架け橋の役割を担うこともあります。また、病棟・外来の看護師にアドバイスしたり相談に乗ったりしています。さらに、がん看護の質を上げるために病院内・病院外の教育活動に参加したり、看護研究を行います。

がん化学療法認定看護師 3名

 患者さまやご家族の方が安全に安心して治療を受けていただけるように、病棟や外来、患者さま向けの講演会を通して、抗がん剤治療に関する最新の情報を提供しています。医師・薬剤師・栄養士・ケースワーカーなどの医療チームの調整役となり、抗がん剤治療を受ける患者さま・ご家族をサポートします。抗がん剤治療について、疑問や気になることがあればご相談ください。

がん性疼痛看護認定看護師 2名

 痛みがあることで、食欲不振・睡眠不足・集中力や気力の低下など日常生活に影響が現れます。痛みの治療は、患者様やご家族の方にとって手術や抗がん剤治療と同様に大切な治療です。医師・薬剤師・理学療法士・ケースワーカーと連携をとり、最善の痛みの治療を提供させていただきます。痛みの治療について、疑問や気になることがあればご相談ください。

緩和ケア認定看護師 1名

 がんによって現れる痛みや息苦しさ、だるさなどの身体的症状だけでなく不安など精神的な症状や仕事や家族の心配など病気によってさまざまな心配ごとがおこります。それらを緩和するために緩和ケアチームの一員として生きることを支える活動を行っています。 患者さま、ご家族さまも気持ちが辛い時、どうして良いか悩まれた時は、いつでもご相談ください。

乳がん看護認定看護師 1名

 乳がんの患者さまに対して治療に伴う副作用や手術後の機能障害への専門的ケアとセルフケア確立に向けた指導・相談をしています。手術後のリンパ浮腫のケアも病棟と連携して実施しています。また、乳がん治療は経過が長いため、生活される患者さまやご家族に対して医師やコメディカルと連携しながらサポートしています。

手術看護認定看護師 2名

 手術看護認定看護師は、手術前には病室を訪問し、患者さまやご家族の要望を伺いながら手術の不安や疑問が少なくなるよう説明をさせて頂きます。手術中は麻酔や手術の介助を行い、意識や痛みがなくなった患者さまの安全やプライバシーを守っています。専門的知識と技術に基づいた看護を実践し、多職種が協働してより質の高い手術医療が提供できるように活躍しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師 2名

 褥瘡や創傷ケア、ストマケア、便失禁、尿失禁に関する看護の専門家です。スキンケア、排泄ケアにおいて質の高いケアが提供できるように実践・指導・相談の3つの役割を担っています。

感染管理認定看護師 3名

 感染管理認定看護師の主な仕事は、院内サーベイランス(院内感染の監視や調査)や院内を見回るラウンド、感染防止のための院内感染防止マニュアル作成や感染対策、ならびに医療従事者に感染情報を提供し、コンサルテーションや教育・指導を行っています。医師・薬剤師・検査技師、その他コメディカルとチームを作り、患者様や医療従事者の感染予防や感染防止に努めるよう組織横断的に活動しています。