看護部門のご紹介

 看護部門では、当センターで医療を受けられる患者さまやご家族の方々に信頼され、安心して少しでも快適な療養生活を送っていただけるように心のこもった看護サービスの提供に努めています。
 教育体制は、がんと循環器の専門病院にふさわしい看護の専門性をより高めるためにクリ二カルラダーにそって臨床看護の実践能力の向上を図る「ラダー別研修コース」と「がん専門看護コース」を設け、化学療法、緩和ケア、精神的サポート、看護倫理などについて学びを深め、自己啓発に努めています。
 勤務体制は、変則3交替制で、看護方式は固定チームナーシング+プライマリー制をとり継続看護の充実を図っています。
 病院は多くの専門職種の集団ですがセンターの理念である「患者の視点に立った医療の推進」を踏まえて、できる限り患者様のニーズにお応えし満足していただけるよう、他の医療スタッフと協働しながら看護師としての役割を果たせるように努めています。 さらに、全国18施設のがん診療施設と多地点TVカンファレンスを定期的に開催して情報交換を行い、最新のがん看護について学び、看護レベルの向上を目指しています。
 また、患者様の安全を保証することは、看護の基本であるという認識に立って、看護部門にもリスク委員会を設け看護職全員が医療事故防止の活動に積極的に取り組んでいます。