ホーム > 患者の皆さまへ > 放射線腫瘍科

放射線腫瘍科


ほぼすべてのがんを対象に、最先端の放射線治療を安心・安全に提供します。

̃y[W̃gbvw

大阪国際がんセンター放射線治療科では、ほぼすべてのがん(悪性腫瘍)に対して放射線治療を行っています。特に、高精度放射線治療を中心に行っており、実績は全国トップレベルです。また、ほかの診療科と協力して集学的治療を実施するのはもちろんのこと、病病・病診連携(地域医療連携)を通じて、院外の患者さまも積極的に受け入れています。治療の概要につきましては下記をご覧ください。

 

*照射方法

外部照射

体の外から放射線を当てる治療法です。強度変調放射線治療(IMRT)、IMRTの発展型である強度変調回転放射線治療(VMAT)は、前立腺がん、頭頸部がん、子宮頸がん、食道がんなどを対象としています。定位放射線照射(STI)は、定位手術的照射(SRS)と定位放射線治療(SRT)があり、SRSとSRTは脳、SRTの一つである体幹部定位放射線治療(SBRT)は肺がん、肝臓がんを対象に治療を行っています。

 

腔内照射

子宮腔内および膣に器具を挿入し、器具内の特定位置に線源(放射線を発する物質)を挿入して一時的に留めることにより、がんを集中的に治療します。外部照射と組み合わせて、週1 回、計3〜4 回の治療を行います。対象は子宮頸がんです。

 

 

*集学的治療

化学放射線療法

抗がん剤と放射線治療を組み合わせた治療法です。対象は、頭頸部がん、肺がん、食道がん、膵臓がん、子宮頸がんなどです。

 

術前照射・術後照射

手術と放射線治療を組み合わせた治療法です。対象は、乳がん、膵臓がん、頭頸部がん、子宮頸がん、脳腫瘍、骨軟部腫瘍などです。

 

緩和照射

症状を和らげることを目的として外部照射を行います。対象は疼痛、出血、呼吸困難などです。

̃y[W̃gbvw

 診療内容            診療実績           学会認定        スタッフ 紹介            外来診療表   

 

診療内容

対象となる主な疾患

悪性腫瘍全般(ほとんどすべてのがん種を対象とする)

 

治療ポリシー

進行度に応じて最適な治療方法を選択し、治癒率の向上と副作用の軽減を目指します。

緩和医療にも積極的に取り組み、QOL(生活の質)の改善を目指します。

安心・安全な医療提供に努めます。

 

主な治療について

 

対象となる疾患 治療法 入院・外来 治療日数
肺がん、肝臓がん 定位放射線治療 外来または入院 4日〜1週間
前立腺がん IMRT(強度変調放射線治療) 外来 8週間
頭頸部がん IMRT(強度変調放射線治療) 外来または入院 7〜8週間
子宮がん 放射線治療 外来または入院 7〜8週間
がん性疼痛(転移) 放射線治療 外来または入院 2〜4週間
肺がん 放射線治療 入院 4〜7週間
食道がん 放射線治療 入院 4〜7週間
喉頭がん 放射線治療 外来 7週間
膵臓がん 術前放射線治療 外来または入院 5週間
膵臓がん 非手術放射線治療 外来または入院 5〜6週間

̃y[W̃gbvw

直線加速装置(2台)による外部照射

通常の外部照射以外に、正常組織の被爆の少ない強度変調放射線治療(IMRT:前立腺がん、 頭頚部がんなど)、体幹部定位照射(肺がん、肝臓がんなど)などの高精度照射も行っております。 前立腺がんの強度変調放射線治療(IMRT)では、従来大きな問題であった直腸出血は著しく減少し、肺がんの定位照射は高齢者でも短期間(4日)に安全に行うことができます。 

 

ヨード125による組織内照射  (現在休止中です)

比較的早期の前立腺がんを対象に、放射線同位元素であるヨード125の小さなカプセル数10個を前立腺内に刺入し前立腺を照射する治療法です。前立腺内部から直接照射するためがんには非常に多くの線量が照射されますが、周囲の正常組織の被爆は軽減されます。刺入時に全身麻酔を必要としますが、治療は数日の入院ですみます。

 

イリジウム192による腔内照射

主に子宮がんが対象で、外部照射と組み合わせて行われます。

 

化学放射線療法

化学療法だけもしくは放射線治療だけでは治癒困難な肺がん、食道がんなどに対する抗がん剤と放射線治療を組み合わせた治療法です。当センターでは関連各科との連携のもと良好な治療成績を挙げております。

 

術前照射・術後照射

手術で完全に切除できない腫瘍に追加するものが術前照射・術後照射です。手術による切除が困難である部分に照射を行うことでより確実な腫瘍の治癒を目指します。例をあげると、膵臓がんでは手術前に抗がん剤とともに放射線治療が行われ(術前照射)、進行頭頚部がん(耳鼻科のがん)では手術後に照射が併用されます(術後照射)。

ページトップへ

特徴的な試み:高精度放射線治療

強度変調放射線治療IMRT

放射線の強度をコンピュータで自由に制御し、病巣に多くの線量を集中し、周囲正常組織への被曝線量を低減させます。腫瘍治癒率の向上と副作用の減少が実現されます。前立腺癌、頭頸部癌から他の部位に適応が広がってきています。

 

定位照射SRS, SRT, SBRT

細い放射線を患部に多方向から集中してピンポイントで治療します。肺がん、肝臓がん、脳腫瘍で小さい腫瘍が適応となります。

 

同期照射

呼吸によって臓器は動きます。動きの大きい部位では、その動きに同期させて照射することにより、照射範囲を縮小して正常組織の副作用を減少させます。目印となる小さなマーカを体内の臓器に埋め込む場合があります。

 

画像誘導放射線治療(外部照射、小線源治療)

最近の画像診断の目覚ましい進歩を取り入れ、病巣と周辺正常組織の拡がりと位置をmm単位で正確に把握して治療の精度を向上させます。

 

患者さんへのメッセージ

癌はできる限り確実に治さなくてはなりませんが、治療による副作用を少なくすることも同時に求められます。

近年、コンピュータ技術の進歩が取り入れられ、飛躍的な高精度照射が可能になりました。

さまざまな癌の放射線治療に応用されるようになり、治療成績向上への貢献が期待され、当センターでは積極的に取り組んでいます。分かりやすく説明します。分からないことは何でも聞いて下さい

 

診療を希望される方へ・・・外来受診のご案内はこちら /院内マップはこちら  

 

診療実績

症例数

毎年1000例以上

【主な疾患】

乳がん240例、肺がん170例、 頭頚部がん170例、食道がん70例、膵臓がん80例、前立腺がん120例、婦人科腫瘍50例

治療成績

代表的なものを示します(詳細は担当医にお尋ね下さい)。                                                                 

胸部領域:

定位放射線治療SBRT (ピンポイント照射)
非小細胞肺癌ステージ1 治癒率80%
 

頭頸部領域:

下咽頭癌
根治的化学放射線療法(2006-2011)
3年生存率 

ステージ1
ステージ2
ステージ3
ステージ4
85.7%
80.5%
78.7%
63.1%

3年喉頭温存率

T1
T2
T3
T4
92.3%
83.0%
72.3%
-

術後放射線療法(2003年-2014年)

生存率 
ステージ3、4A、4B
3年
67.2%
5年
58 %

 
IMRT (-201311) 
生存率

部位
1年
2年
中咽頭癌
96.6%
93.9%
下咽頭癌
96.0%
87.3%

 
上咽頭癌 
3次元放射線治療(2000-2009)
5年生存率

ステージ1
ステージ2
ステージ3
ステージ4
100%
77.7%
77.8%
61.4%

IMRT (2009-2013)
3年生存率

ステージ1
ステージ2
ステージ3
ステージ4
100%
86.2%
100%
100%

 

消化器領域:

食道癌 (2000年-2007年)
生存率

 
ステージ1
ステージ2, 3
T4またはM1LYM
2年
82%
-
28%, 中央値11
3年
75%
39%
-
5年
58%
32%
-

 
膵癌(20062011)
術前化学放射線療法
生存率 

3年
5年
64.3%
54.5%

 

骨盤領域:

前立腺癌(2006年-2013年)
IMRT
5年PSA非再発率

低リスク
中リスク
高リスク
100%
94.2%
91.2%

5年直腸出血発生率(G2以上)4.5%
 
子宮頸癌(2006年-2011年)
根治放射線療法
3年生存率

ステージ1B  FIGO
ステージ2
ステージ3
ステージ4A
78%
85%
71%
78%

術後照射例
3年生存率

ステージ1B  FIGO
ステージ2
ステージ3
ステージ4
95%
93%
-
-

 

学会認定

l      日本医学放射線学会認定研修施設病院 

l      日本放射線腫瘍学会認定施設 

̃y[W̃gbvw

スタッフ紹介 

放射線腫瘍医

 

職 名 医 師 名 診療日 専門分野 認定医/専門医/指導医
主任部長 手島 昭樹 月・火・木 頭頸部がん
消化器がん
婦人科がん
日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医
副部長 小西 浩司 火・金 泌尿器腫瘍
婦人科腫瘍
頭頸部がん
肺がん
消化器がん
日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医
日本医学放射線学会研修指導者
医長 川口 善史 火・木 消化器がん
婦人科腫瘍
頭頸部がん
日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医
医員 平田 岳郎 月・水 消化器がん
中枢神経腫瘍
骨軟部腫瘍
頭頸部がん
日本医学放射線学会放射線科専門医
医員 金山 尚之 水・金 頭頸部がん
消化器がん
骨軟部腫瘍
婦人科腫瘍
日本医学放射線学会放射線科専門医
レジデント 岸 徳子 木・金    
レジデント 和田 健太郎 水・木    

 

診療放射線技師、医学物理士(主な認定資格取得者)

 

職 名 医 師 名 専門分野 認定資格
副診療放射線技師長
診療放射線技師
宮崎 正義 IMRT治療計画 医学物理士
放射線治療専門技師
放射線治療品質管理士
第一種放射線取扱主任者
主査
診療放射線技師
谷口  真 放射線治療全般
小線源治療・管理
放射線治療専門技師
第一種放射線取扱主任者
放射線治療品質管理士
主査
診療放射線技師
上田 悦弘 IMRT,SBRT治療計画
同期照射
医学物理士
主任
診療放射線技師
辻井 克友 IMRT治療計画、同期照射
医療情報
医学物理士
医療情報技師
診療放射線技師 大平 新吾 IMRT治療計画
モンテカルロシミュレーション
医学物理士
診療放射線技師 五十野 優 IMRT治療計画
放射線分子生物学
医学物理士
診療放射線技師 正岡 祥 IMRT治療計画
医療情報
医学物理士
医療情報技師
診療放射線技師 乾 翔輝 IMRT治療計画
放射線分子生物学
医学物理士

 

>>外来診療表はこち ら 

 

̃y[W̃gbvw