食品と医薬品の関係

薬と食品の相互作用について

病院や薬局では、食前・食後・食間など薬を服用するタイミングをお伝えしています。この理由は、食事の有無によって薬の効果が変化するためです。さらに、薬の効果は、食事の内容(高・低カロリー食、高・低脂質食など)など食材によっても変化します。この影響を、薬と食品の相互作用といいます。病気に対して使用する医薬品の中でも、特に抗がん剤は強い作用を示すことがあるために、食品との相互作用にも注意を払う必要があります。

食材の相互作用とその注意
 

食事のタイミングに関する相互作用とその注意

お薬の一般名や商品名がわからない場合

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)の下記ウェブサイトで名称だけでなく、添付文書や医薬品に関連する文書を検索できます。