栄養管理サポートについて

 患者さまの治療目的が効果的に達成できるよう医師およびコメディカルスタッフと連携をとりながら患者さまのご病気のご回復、社会復帰を目指し、支援しております。

栄養サポート(Nutrition Support Team)活動

NST活動とは、病気を栄養の視点からも検討していくことです。治療や手術後の回復が栄養状態に関係することがわかってきました。
事前に栄養状態を改善しておくことで、回復が早まり、ベッドから早く起き上がれる、早く退院できることなどがわかってきました。
患者さまの栄養状態を評価して不良が見られたら、なるべく早く体力と回復力を高めていただくためにさまざまな医療の専門職が集まって、よりよい方法を検討するのが、栄養サポートチームの役割です。

当センターにおけるNST(Nutrition Support Team)の意義

がん・循環器疾患の患者さまはさまざまな臨床的問題をお持ちでいらっしゃいます。治療経過中、特に外科手術や化学療法後など、治療や病態によっては一時的に栄養状態が低下する場合がございます。または、慢性的に低下している場合もございます。あまり長く栄養不良状態が続くと回復にも大きく影響しますので、各分野の医療スタッフが集まって、よりよい方法を検討する意義がございます。

NSTでは、多くの臨床的問題を抱えられた患者さまに対して栄養状態の科学的評価とエビデンスに基づく治療を行い、がん治療後の早期治癒、健康寿命の延長、手術後合併症の予防や軽症化早期離床・早期退院や在宅・社会復帰の支援などを目指します。

栄養状態の科学的評価としてお食事の摂取状況、身長・体重、嚥下・咀嚼などの身体状況、血液検査、尿検査、さらには治療状況および病態、薬剤などを確認し、現在の栄養状態が良好かどうかの判定を行います。

お食事の摂取状況

食事療養上の問題の改善には栄養管理室スタッフ(管理栄養士、栄養士、調理師)が連携をとりながら取り組んで参ります。

身体状況M

ご入院時からの体重の変化を確認し、健康時の体重や標準体重との比較をします。適正体重が維持できるよう栄養計画を立てます。

血液検査・尿検査

栄養状態の指標となる項目や病態に応じた項目をチェックし、輸液内容や入院食摂取状況の栄養量とを併せて検討します。

薬剤

薬剤に影響を与える食品(例:納豆やグレープフルーツ)について医師からの指示で食事には出さないように配慮しています。

エビデンスに基づく治療の実施

栄養状態に問題がある場合には、医師、看護師ほか医療スタッフと相談し、改善策を実施します。

日本静脈経腸栄養学会 NST稼働認定施設

imgRight 当センターはNST(栄養サポートチーム)の施設認定基準が十分整って
おり、チーム活動も適切と判断されたことを受けて、平成23年4月1日付けで日本静脈経腸栄養学会より、NST稼働施設であると認定されました。

チーム医療への参画

栄養管理室においては、NST(栄養サポートチーム)をはじめ、褥瘡対策チーム、緩和ケアチームや肝臓病教室など他職種の医療スタッフと連携し、患者さまの栄養療養・栄養治療に関して積極的に取り込んでいき、栄養状態の改善に努めています。