食事療法のワンポイントアドバイス

化学療法中のお食事について

 化学療法中は悪心・嘔吐などの消化器症状、嗅覚変化、味覚変化、食事がぬるいなどの体感感覚がおこりやすくなっています。免疫力を高め、体力の維持をはかるため、できる限り経口摂取をしましょう。

食欲がない時

  • 食欲がでてきたときに食べるようにしてみましょう。
  • 美味しそうに思えるものから食べてみましょう。
  • 回数を分けて少しづつ食べてみましょう。
  • 食事をするときの雰囲気を変えてみましょう。
  • 量を減らして、品数を増やしてみましょう。
  • 食事の前に、クラッカーなどを食べると、食欲が刺激されることもあります。 

味覚異常がある時

  • 塩味、醤油味が苦く感じたり、金属味に感じる・・・ 

 ⇒塩分を控えて、だし味、甘味、ごまの香り、酢の味などを利用してみましょう。 

  • 甘味に敏感になる・・・

 ⇒汁物は甘く感じない場合が多いようなので、汁物を増やしてみましょう。 

  • 味を感じない・・・

 ⇒少し濃い目の味付けにしてみましょう。食べ物の温度を人肌にしてみましょう。

嗅覚変化がある時

  • 食べ物の温度を室温かそれよりやや低温に冷やしてみましょう。

  低温にすることで香りや嫌な味も低減し、食べやすくなることもあります。

口の乾燥による痛みや不快感がある時

  • うがいをしたり、あめをなめて唾液の分泌を促しましょう。
  • 氷を口に含むと、溶けるまでじわじわと口内が潤うので効果的です。氷は水にくぐらせて角を丸くしてから口に含みましょう。
※化学療法中は細菌やウイルスに対する抵抗力が落ちるので、手洗い・うがいなどの感染予防も重要です。また、刺身等の生魚を食べるのは控えましょう。
※放射線療法中は口内炎・のどの痛み・唾液分泌の低下・味覚障害がおこり、食事がとれない場合があります。痛みがひどい時は刺激物を避け、のど越しの良い、水分をたくさん含んだ物の方が食べやすいでしょう。
※食後の口腔ケアも忘れずにしましょう。

 〔比較的食べやすい食品例〕  
※患者さまの状態や個人差もあります。 

食品群 食品名
穀類

麺類(素麺、うどん、冷麦、焼きそば、スパゲティ)、寿司ごはん、一口おにぎり、味付け御飯、一口サンドイッチ、ミニカップラーメン、カレーライス(但し、症状により避けたほうが良い場合もあります)

豆類 豆腐、大豆製品
卵類 茶碗蒸し
野菜類 生野菜、温野菜、大根おろし、野菜の煮物(味付けは濃い目)
果物類 リンゴ、バナナ、オレンジ・ミカンを除く果物
乳製品類 牛乳、ヨーグルト、チーズ
飲料類 りんごジュース、乳酸菌飲料、清涼飲料水、スポーツドリンク、お茶、ウーロン茶、紅茶
菓子類 プリン、ゼリー、カステラ、チョコレート、クッキー、アイスクリーム、シャーベット、かき氷
その他 冷たいもの、酢のもの、味の濃いもの

横スクロールできます