医療安全管理部門長あいさつ

平成29年4月1日より医療安全管理部門長に就任した矢野雅彦です
大阪国際がんセンターは、特定機能病院としてまた都道府県のがん診療連携拠点病院として多くのがん患者様に高度ながん医療を提供しています。医療のレベルが高度になればなるほど、当然のこととしてより高い安全性が求められます。
医療安全管理部門では、専従の医師、看護師、薬剤師を配置し、迅速かつきめ細やかな活動ができる体制を敷いております。
具体的な活動としては、①インシデント・アクシデントレポートの収集、分析、院内への周知、対策の立案、②医療事故発生時の調査、指導、③職員向け研修会の企画、運営、④すべての院内死亡症例の検討、⑤他の医療機関(特に他の特定機能病院)や厚生労働省、日本医療機能評価機構などとの連携、情報交換、⑥院内の巡視、⑦病院長に対する提言などを行っています。
職員一人ひとりの医療安全に対する意識を高め、すべての患者様に安全で質の高い医療を提供できるよう活動してまいります。