先輩からのメッセージ

消化管内科 松浦 倫子

入局年

平成18年 岡山大学卒業
平成18年 当センター 初期研修
平成20年 県立病院(兵庫県) 消化器内科 後期研修
平成24年4月から 当センター 消化管内科での後期研修開始

当センターの魅力

 内視鏡の診断学、治療をしっかり勉強できます。また、一般病院では、なかなか経験が難しい前向き臨床研究にも積極的に携わる事ができます。

後輩への一言

消化器疾患、内視鏡検査、治療に興味がある先生方は是非、当院消化管内科での研修を考えてみてください。とにかく当科のスタッフは仕事が大好きで、これは確かにいえることだと思います。突拍子もない質問にも嫌な顔せず丁寧に答えてくれるときもあれば、あきれ顔でため息、ということもありますが、本当に楽しく雰囲気のよい職場です。
 
 

脳神経外科 藤田 祐也

 

入局年

平成25年3月  大阪大学卒業
平成25年4月~ 大阪警察病院 初期研修
平成27年4月~ 関西労災病院 後期研修
平成28年10月~ 当センター脳神経外科 レジデント

当センターの魅力

大きく2つの徳と湯が挙げられると思います。がんに特化した病院のため、臨床において多種多様な症例を経験することができます。次に当院では現状よりも今後よりよい治療を見つけるため、様々な治験が組まれ、同時に臨床研究が行われています。治療が行き詰まる疾患でもその他の選択肢を知ることができる他、科でも病院全体でも研究をする上での教育があり、レジデントではなかなか手をつけにくい研究に取り組むことができます。

後輩への一言

悪性脳腫瘍は現時点では治癒に至るには程遠く、今後新たな治療法を見つけることが不可欠と思います。治験を通じて治療の選択肢を知ること、研究のやり方を学べることは今後にも非常に役立ちます。また、他科レジデントとの垣根が低く、皆が研究熱心なので、脳外科が得意と言えない抗がん剤の使い方を学べ、刺激を受けることは間違いないと思います。お待ちしています。