初期臨床研修募集について

大阪国際がんセンターは、厚生労働大臣の指定する臨床研修指定病院として、本院と協力型研修病院および臨床研修協力施設で研修病院群を構成し初期臨床研修を行います。
当センターは成人病診療の基幹病院として、併設の研究所、がん対策センターと連携しつつ常に最良で高レベルの医療を患者さまに提供すべく努力してきました。また、がん・循環器疾患の専門施設として各分野の専門医の育成にも努めています。この実績が認められ、公立医療施設としては唯一の「特定機能病院」の承認を得ています。これらの実績を基盤に、この研修プログラムに基づき、若手医師の初期臨床研修にも積極的に取り組む所存です。

大阪国際がんセンター研修プログラム

名称 大阪国際がんセンター初期臨床研修プログラム
特色 がん特有の救急疾患を扱う「がん救急」は勿論、厚生労働省が定めた7診療科(部門)を含めすべての診療科(部門)から希望する診療科(部門)を選択できる期間を5月間(予定)設定している。また、がん・循環器(腫瘍循環器)疾患の専門施設である当センターのより高度な診断、治療についても研修できるようにしている。がんに対する基礎的、臨床的研究ができる環境にある。
臨床研修の目標の概要 一般的疾患や救急病態に対して初期診療を含む一定の対応ができるとともに、各自が希望する領域の研修ができることとしている。 
研修期間 2年
研修開始時期 平成30年4月1日
プログラム責任者 責任者 /副院長 片山 和宏

横スクロールできます

#1年目

厚生労働省が必修と定めた内科(6か月)・救急(3か月)および選択必修(外科・麻酔科・小児科・産婦人科・精神科から2科目を3か月で)を優先して研修する。
内科研修は当院内科で行う。救急は当院麻酔科での1か月のプレコースの後、大手前病院もしくは国立病院機構大阪医療センター(救急救命センター)にて2か月間の研修。小児科研修は愛染橋病院小児科。

産婦人科研修の内、産科研修は愛染橋病院にて1か月の研修。
精神科研修は府立精神医療センターにて1か月研修。以上をそれぞれ予定する。

#2年目

地域医療(1か月)を当院がん対策センターで行う。上述の科を含めすべての(協力型病院のそれを含む)診療科から希望診療科を選択できる期間を11ヶ月間(予定)設定している。組み合わせ、期間は相談の上、調整する。

基幹型プログラム

期間 研修分野 病院・施設
1 6.0ヶ月 内科 大阪国際がんセンター
2
3
4
5
6
7 1.0ヶ月 救急部門 大阪国際がんセンター
8 2.0ヶ月 救急部門

独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター

「大手前病院」

9
10 2.0ヶ月 小児科 社会福祉法人 石井記念愛染園 付属愛染橋病院
11
12 1.0ヶ月 精神科 大阪国際がんセンター
13 1.0ヶ月 地域医療 大阪国際がんセンター
14 11.0ヶ月 選択科目 大阪国際がんセンター
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
備考

・4、5は選択必修科目。外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科より2つ選択。

 (1診療科2ヶ月+1診療科1ヶ月)

・7は、当センター、国立病院機構大阪医療センター、愛染橋病院、大阪府立精神医療センターの診療科から選択可能。組み合せおよび期間は相談の上調整。

横スクロールできます

募集情報

研修医募集定員

1年次 : 2名

2年次 : 2名

募集要項 平成30年度臨床研修医募集要項
応募必要書類

研修申込書

臨床研修医応募履歴書

成績証明書

選考方法 面接    : 有
筆記試験 : 無
その他   : 小論文(応募時にあらかじめ提出)
募集及び選考の時期

2次募集は定員に達したため受付を終了致しました。

マッチング利用の有無

横スクロールできます

お問い合わせ先・資料請求先

お問い合わせ先・資料請求先
担当者 総務・人事グループ 亀井 竜也
kensyu@mc.pref.osaka.jp
請求先住所 〒541-8567 大阪府大阪市中央区大手前3-1-69
TEL.06-6945-1181(代表) FAX.06-6945-1900
ページ http://www.mc.pref.osaka.jp/

横スクロールできます