輸血部

  • 診療内容 / 実績

迅速・丁寧な検査で、自覚症状の乏しい眼疾患を早期に発見します。

輸血部では、認定輸血技師を含む専任の技師が輸血に関する様々な情報の提供、検査技術の向上に努め、安全で適正な輸血を目指し、輸血関連検査を行うとともに各種血液製剤の保管・管理を行っています。
 また、緊急の輸血にも対応できるように、各診療科との連携による診療支援の充実を目指しています。

輸血業務

1.輸血関連検査
・血液型検査
ABO血液型は赤血球の表面に存在する抗原を調べるオモテ試験と、血清中に規則的に存在する抗体を調べるウラ試験があります。これら両方の検査を実施して総合的にABO血液型を判定します。
検査は、自動機器による検査結果と試験管法で実施した結果を、2名の技師が各々確認し、総合判定した後、輸血部門システムから電子カルテに登録されます。 ・赤血球不規則抗体・同定試験
ABO血液型以外の赤血球抗原に対する抗体検査です。 輸血前に検査を実施することで、輸血による副作用の危険性を回避し、安全な輸血の確保が可能となります。
・交差適合試験
輸血する製剤と患者血液を試験管内で検査し、異常反応が無いことを確認します。
・抗血小板抗体検査
抗血小板抗体が産生されていないかを検査し、最適な血小板を選択するための検査です。
・直接・間接抗グロブリン試験
・亜型検査
・抗A抗B抗体価検査
・RhD因子精密検査
・ABO以外の血液型検査
・HTLV-Ⅰ抗体検査
2.血液製剤の保管・管理
適正に温度管理された専用の保冷庫でそれぞれの成分に適した温度で一元管理を行っています。
3.血液照射
GVHD(移植片対宿主病)を防ぐため、日本赤十字社より照射済み製剤を購入しています。さらに院内にも放射線照射装置を備えています。
4.自己血の保管管理
手術までの期間、あらかじめ自分の血液を貯血しておき、手術時に輸血が必要となった場合、貯血しておいた血液(自己血)を使用します。 貯血後の自己血は、感染症の有無により別々の専用保冷庫にて温度管理し、保管チェックリストに従い血液型検査、形状チェックなどを行います。 手術前日に交差適合試験を実施した後、手術室へ供給されるまで厳重に保管します。
5.輸血副作用の調査
輸血を受けられた患者さまの様子を看護師が観察し、その情報は電子カルテに記入され輸血部門システムへ情報が送られてきます。副作用発生時は日本赤十字社との協力で原因の調査にあたります
6.輸血前保管検体・輸血後感染症検査の実施

その他

7.遡及調査への協力
血液製剤等に係る遡及調査ガイドラインに基づき、輸血に伴う副作用・合併症(感染症など)に関連した情報提供を行い、日本赤十字社とともに原因の調査にあたります。
8.輸血医療にかかる教育、情報提供、診療科からの相談への対応
・現場からの輸血に関わる問題についての相談への対応
特殊血液、不規則抗体陽性時の輸血製剤の選択、HLA適合血、小板輸血など
・外部の研修・実習受け入れ状況
大阪医科大学医学部医学科
大阪大学医学部保健学科
日本医療学院専門学校臨床検査技師学科
・取得認定資格
日本輸血学会 認定輸血検査技師 1名
日本臨床検査同学院認定 緊急臨床検査士 1名