感染症内科

  • 診療内容 / 実績
  • スタッフ紹介

感染症の診断・治療・予防において、がん診療をサポートします。

がん患者さんは、がんそのものやがん治療に伴う免疫力の低下を背景として感染症を発症することがあります。感染症内科は、担当医の依頼を受けて入院患者さんを対象に、感染症の診断・治療・予防に関してがん診療科をサポートします。具体的には、手術後や抗がん剤治療中に生じた発熱の評価や、感染症の治療法に関する提案を行います。また、感染対策チームと協力して、病院内で問題となる微生物の広がりを抑えるための対策を実施します。

主要疾患

がん治療に伴う感染症

治療ポリシー

〇入院症例における感染症診断をサポートします。
〇感染臓器・原因微生物に合わせた最適な抗菌薬治療を提案します。

スタッフ紹介

職 名 氏 名 専門分野 認定医/専門医/指導医
副部長 河村 一郎 医療関連感染の診断・治療・予防 日本感染症学会感染症専門医
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター

横スクロールできます