眼科

  • 診療内容 / 実績
  • 外来診療表

迅速・丁寧な検査で、自覚症状の乏しい眼疾患を早期に発見します。

大阪国際がんセンター眼科は、当センターで治療を受ける患者さまを対象に、精密検診(人間ドック)での眼科検診、視力矯正、眼圧検査、眼底検査、静的視野検査、眼球運動検査などを行っています。
がんによる眼の疾患はそれほど多くありません。しかし、乳がんや肺がんでは転移性網脈絡膜腫瘍を発症する可能性があります。また、循環器疾患の患者さまは、糖尿病性網膜症、高血圧性網膜症、網膜静脈閉塞症や動脈閉塞症、眼底出血等の恐れがあります。こられのリスクを、視力検査、眼圧検査、眼底検査、視野検査(ハンフリー自動視野計)、蛍光眼底造影検査などを通じて早期に発見するのが当科の役目です。検査の結果、さらなる精密検査や治療が必要な場合には、専門病院へご紹介いたします。
※当センターで治療を受ける患者さまが対象となります。

特徴

外来診察のみで、一般外来及び他科の入院患者さまの診察が主になります。眼疾患と全身疾患との関係は密接に関与していることから、それらの因果関係を詳しく調べて治療方針を検討していくのを基本姿勢と考えています。 また、外科手術前の検査の一つとして、眼底検査や緑内障の有無の検査が含まれ、外科手術及び麻酔に影響を及ぼす 可能性のある眼疾患の存在と対策をする役目も担っています。治療の面では、眼科手術は行っておりませんので、 眼科の入院設備はありません。従って、手術が必要と判断した場合には他の病院へ紹介しています。

主要疾患

転移性網脈絡膜腫瘍、糖尿病性網膜症、高血圧性網膜症、網膜静脈閉塞症や動脈閉塞症、眼底出血など

治療ポリシー

○眼疾患と全身疾患の因果関係を詳しく検査し、よりよい治療方針の選択に貢献します。
○人間ドックで自覚症状の乏しい眼疾患を早期に発見します。

主要検査

視力検査、眼圧検査、眼底検査、視野検査(ハンフリー自動視野計)、蛍光眼底造影検査など

学会認定

● 日本眼科学会認定研修施設病院

外来診療表

診察室
AMPMAMPMAMPMAMPMAMPM
84 担当医(入院のみ)   担当医(入院のみ) 

横スクロールできます