病理・細胞診断科

  • 診療内容 / 実績
  • スタッフ紹介
  • 外来診療表

正確な病理・細胞診断で、がん治療をサポートします。

診療概要・診療疾患名など

がんの治療を始めるためには、まず適切な病理診断を行わなければなりません。病理・細胞診断科では、病変から採取された組織、細胞を顕微鏡で観察し、病理診断を行っています。

 

①組織診

内視鏡等で採取されたわずかな組織片、手術で摘出された臓器について診断を行います。良悪性を診断するだけでなく、悪性の程度、病変の広がりについても調べ、治療方針の決定に必要な情報を提供します。最近では、一人一人の患者さまに合った治療薬を選択するために、バイオマーカーの検査を行うこともあります。

 

②細胞診

メスで切開することなく、病変を針で刺して、細胞を吸引して採取する検査です。尿、痰などの体液や擦過物についても細胞診を行うことができます。体に加える侵襲が少ないため、患者さまの負担が少ない検査です。

 

③迅速診断

手術中に切除する範囲を決めたり、取り残しがないことを確認するために、手術と並行して迅速診断を行います。質の高い手術を行うためには、迅速診断が必要不可欠です。

 

④病理解剖

不幸にして亡くなられた患者さまについては、ご遺族の承諾を得たうえで、病理解剖を行うことがあります。死因や生前に分からなかった病気の状態、治療効果等を調べます。

 

治療の特色、実績

 当科では小児がん以外の全てのがんを対象とし、臓器ごとに専門の担当医をおいています。各担当医の知識と経験を生かした、専門性の高い病理診断を行っています。当センターでは病理診断のために採取した組織、細胞を用いて、表に挙げたバイオマーカーについて検索を行い、患者さまに合った適切な治療薬を選択するための情報としています。これ以外にも120種類以上もの項目について免疫染色と呼ばれる詳細な検索を行うことが可能です。

 最近は、消化器や気管支の内視鏡検査と細胞診を組み合わせて行うことが多くなっています。できるだけ検査による患者さまの身体の負担を少なくし、検査の効率を良くするために、診断に必要な細胞が十分に取れているかどうかを現場で確認しながら検査を進めるなどの工夫を行っています。

 診断に用いる顕微鏡標本の作製にあたっては、標本をバーコードで管理し、取り違え等の医療安全上の問題がないよう細心の注意を払っています。自動化できるものは、可能な限り自動化し、均質で良好な診断結果が得られるよう精度管理を行っています。

 

病理検体で検索できるバイオマーカー
乳癌エストロゲン受容体発現、プロゲステロン受容体発現、HER2増幅、Ki-67標識率
肺癌EGFR変異、ALK融合遺伝子、ROS1融合遺伝子、PD-L1発現
胃癌HER2増幅
大腸癌RAS変異
造血器腫瘍CCR4発現、CD30発現、CD20発現
悪性黒色腫BRAF変異
GISTc-kit発現

横スクロールできます

平成28年実績
組織診13553件
手術3137件
生検(EMR, ESDを含む)7579件
EMR, ESD1783件
迅速1612件

横スクロールできます

細胞診16878件
迅速1824件

横スクロールできます

免疫染色(組織)16152件

横スクロールできます

病理解剖17件

横スクロールできます

学会認定

● 日本病理学会研修認定施設
● 日本臨床細胞学会施設認定病院

スタッフ紹介

職 名氏 名専門分野認定医/専門医/指導医
主任部長中塚 伸一病理診断学
細胞診
日本病理学会病理学術評議員・専門医・専門医研修指導医
日本臨床細胞学会評議員・細胞診専門医・教育研修指導医
副部長長田 盛典病理診断学
細胞診
日本病理学会病理学術評議員・専門医・専門医研修指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医・教育研修指導医
日本臨床検査医学会臨床検査管理医
日本医師会認定産業医
医長北村 昌紀病理診断学
細胞診
日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
診療主任久保 千明病理診断学
細胞診
日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
診療主任中村 ハルミ病理診断学
細胞診
日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
レジデント松本 澪華  
レジデント鹿野 理恵子  
レジデント他1名   

横スクロールできます

外来診療表

診察室
AMPMAMPMAMPMAMPMAMPM
27担当医 担当医 担当医担当医

横スクロールできます