麻酔科

  • 診療内容 / 実績
  • スタッフ紹介
  • 外来診療表

24時間365日麻酔科医が常駐。緊急事態にも迅速に対応できます。

大阪国際がんセンター麻酔科は、中央手術室および集中治療室(ICU)における患者さまの管理を行っています。中央手術室では、12室の手術室にて、最新の機材のもとで、全身麻酔を中心として、約4,000件の麻酔管理を行っております。またICUは10床を有し、臨床工学技士の24時間常駐体制等、充実した診療体制で多くの重症患者さんの集中治療管理を行っております。
加えて、病院内の患者さんに急変があれば、休日・夜間問わずに迅速に対応できます。このような取り組みができるのは、常勤麻酔科医が24 時間体制で常駐している当科だからこそといえるでしょう。
コミュニケーションに力を入れているのも当科の特徴です。例えば、手術前の患者さんには、麻酔科外来にてお受けになる麻酔についてできるだけわかりやすく説明し、術前の不安を少しでも払拭できるよう心がけています。一方、スタッフ間においては、ICUカンファレンスおよび手術前のカンファレンスにおいて患者さんの情報をスタッフ全体で共有し、多科・多職種で協力しながら治療を進めています。

主要疾患

中央手術室および集中治療室(ICU)での治療が必要な疾患全般

治療ポリシー

○患者さまの安全の確保とQOL(生活の質)の向上に留意します。
○医学の進歩に合わせて積極的に新しい知識や技術の導入を行います。

主な検査・治療について

全体麻酔を中心に伝達麻酔や神経ブロックを駆使して、術中のみならず術後も有効な鎮痛対策をとっています。
また肺血栓塞栓症予防対策、脊椎麻酔後頭痛対策では、本邦におけるパイオニアの役割を果たしています。
食道がんをはじめとする難治がん手術の麻酔管理・術後の集中治療を一貫して行っているので、大きな手術を受ける患者さんや合併症のある患者さんにも安心して手術を受けていただけます。このために、分離肺換気、人工呼吸、血液浄化などの多彩な技術・治療手段を駆使して、安全を第一とした麻酔・集中治療管理を提供するべく努力しております。

治療法 対象となる疾患
分離換気 肺がん、食道がん
挿管困難症例に対する気管挿管法 頭頸部がんなど

横スクロールできます

診療実績

平成28年度の受診者数は5名/日、385名(稼働率93.9%)でした。1泊2日ドックは200名、2泊3日ドックは185名でした。平成29年度からは新病院となり8名/日へ増年間 3,290症例(全身麻酔:3,030症例、脊髄くも膜下麻酔:260症例)
術後創痛緩和の必要な症例には硬膜外麻酔(1,000症例)や鎮痛剤の持続静脈内注入を併用しています。
ICUでは年間約1,000症例の重症患者管理を行っております。

学会認定

● 日本麻酔科学会麻酔指導病院
● 日本集中治療医学会専門医研修施設

スタッフ紹介

職 名 氏 名 専門分野 認定医/専門医/指導医
主任部長 谷上 博信 麻酔・集中治療 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医・指導医
日本集中治療医学会専門医
副部長 大川 恵 麻酔・集中治療 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医・指導医
副部長 飯田 裕司 麻酔・集中治療 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医・指導医
日本呼吸療法医学会専門医
副部長 藤田 泰宣 麻酔・集中治療 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医・指導医
副部長 園田 俊二 麻酔・集中治療 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医・指導医
副部長 日生下 由紀 麻酔・集中治療 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医・指導医
医長 藤井 尚子 麻酔・集中治療 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医
医長 小山 有紀子 麻酔・集中治療
診療主任 鉢嶺 将明 麻酔・集中治療 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会認定医
日本救急医学会救急専門医
日本内科学会内科認定医
ICD(インフェクションコントロールドクター)
診療主任 古川 佳穂 麻酔・集中治療 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医
診療主任 大迫 正一 麻酔・集中治療 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医
医員 駒田 暢 麻酔・集中治療 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会認定医

横スクロールできます

外来診療表

診察室
AM PM AM PM AM PM AM PM AM PM
27 担当医   担当医   担当医 担当医

横スクロールできます