消化器外科

  • 診療内容 / 実績
  • スタッフ紹介
  • 外来診療表

各臓器のがんの専門家が、患者さまにとって最良の治療を提供します。

食道、胃、小腸、結腸、直腸、膵、肝、胆道などの消化器系の悪性腫瘍が対象です。各疾患とも臓器別診療体制をとっており、それぞれの専門家が最新の診断法と治療法を駆使しながら、個々の症例の病期に適した手術および併用療法(抗がん剤治療、分子標的薬など)を行っています。
食道がんに対しては胸腔鏡下手術、嚥下機能温存手術、チームによる周術期管理、術前化学療法や術前化学放射線療法を行い、治療成績を向上させています。
胃がんにおいては、術前化学療法や免疫療法を行い、低侵襲な腹腔鏡下手術やロボット支援手術を積極的に導入しています。
大腸癌では腹腔鏡下手術、直腸がんに対する肛門温存手術、また局所再発や肝転移、肺転移も積極的に切除し治療成績を上げています。
膵がんに対しては術前化学放射線療法・術後肝灌流化学療法を用いて治療成績を向上させ、膵液分割細胞診や術中contact-endoscopy を用いた至適切除範囲の決定を行っています。
肝がんに対する根治的切除範囲の同定、腹腔鏡下肝切除、高度進行肝がんに対する3 次元原体放射線照射+ 動注化学療法、ICG 蛍光法を用いた術中微小肝癌の診断、進行胆道がんに対する術前化学放射線療法など多数の新しい治療法を開発しており国際的にも高い評価を得ています。

消化器外科カリキュラムのご案内

主要疾患

食道、胃、小腸、大腸、膵、肝、胆道などの消化器系の悪性腫瘍

治療ポリシー

○がんの進行度と患者さまの耐術能力をトータルに評価し、また他診療科とも連携することで、患者さまにとって最良の治療を提供します。
○積極的に高度医療を開発し、日常の診療に取り入れていきます。

主な治療について

食道がん

入院日数
  術前 術後
入院日数 3~4日 16~21日

横スクロールできます

食道がんによる食事の通過が悪い方は、あらかじめ早めに入院していただきます。外来担当医にご相談ください。

食道がんに対する食道切除術
食道がんはできる場所にかかわらず早い段階からリンパ節転移をおこします。転移するリンパ節の部位は頚部から腹部まで広範囲にわたります。(左上図で赤く示しているリンパ節は転移頻度の高いリンパ節です。)通常、胸部食道がんに対する手術では、胸部食道と腹部食道を切除(亜全摘)し、頸部から胸部・腹部に至るリンパ節を切除します(3領域リンパ節郭清)。食道を切除した後は、胃を細長い状態にし(胃管)、頸部まで引き上げてつなぎ合わせを行います。
当院の特徴
当院は、食道学会の食道外科専門医の認定施設です。さらに、食道外科専門医が3名在籍しております。食道癌に対する手術に加え、術前の化学療法や術後の外来まで対応いたします。
当院の取り組み
①低侵襲手術
当院ではがんの進行度を考慮し、施行可能な方に対しては積極的に胸腔鏡手術・腹腔鏡手術を導入しております。胸腔鏡手術・腹腔鏡手術では、手術の傷が小さくなるだけではなく、手術中の出血量が少なくなり、術後の傷の痛みも少なくなります。手術のきずのイメージは下の通りです。
②QOLの維持
1)胃管ルーワイ再建手術
食道がんの術後は、消化液や食べ物の逆流、食後のうっ滞、ダンピングなどの症状がでる場合が多いですが、これらはいずれも胃・十二指腸液の逆流と胃は排泄遅延によって引き起こされるものであり、ひどい場合は誤嚥性肺炎や低栄養などQOL低下の大きな要因になっています。当院では、胃管再建時に、逆流防止目的に十二指腸を離断し、排泄遅延軽減目的で胃管の幽門部後壁に大口径の胃空腸吻合を作成するルーワイ再建法を行っております。現在は臨床試験としておこなっております。

2)喉頭機能温存手術
食道がんの手術では、術後の嚥下機能が低下します。当院では、嚥下機能の低下を軽減するために、頸部のリンパ節郭清する際にできるだけ頚部の傷を小さくして行っております。これにより、術後のむせや誤嚥が減少します。
③進行食道がんに対する治療
1)進行食道がんに対する術前化学療法
これまでに行われた臨床試験の結果により進行食道がん症例には、術前に化学療法を行ったのちに手術を施行した方が、治療成績がよいことがわかっています。当院では、抗がん剤3剤併用の術前化学療法(DCF療法:ドセタキセル、シスプラチン、5FU)を積極的に行っております。

2)局所進行食道癌に対する集学的治療
食道がんはその場所の特徴上、進行すると容易に気管や大動脈に浸潤します。現在、気管や大動脈に浸潤のある食道がんの方に対しては、外科手術の適応はなく根治的化学放射線療法を行うのが一般的ですが、同治療で根治する割合は非常に少ないです。当院ではこれまでに、気管や大動脈に浸潤のある食道がんの方に対して化学療法もしくは化学放射線療法を行い、外科的な切除が可能と判断される方には、手術を行ってきました。治癒切除ができた場合の5年生存率は約50%程度あり、有望な治療と考えています。現在は、臨床試験としておこなっております。

④食道がん周術期管理の工夫
1)腸瘻チューブ
手術時に腸瘻チューブをつくり、術後早期から経腸栄養を行っています。また、退院後も経口摂取が安定されるまで、ご自宅でも腸瘻チューブからの栄養剤投与を継続していただいております。

2)シンバイオティクス
シンバイオティクスは、腸に有益な作用をもつ生菌(乳酸菌やビフィズス菌など)と、その有益菌を増殖させる働きのある物質(オリゴ糖や食物繊維など)を同時に投与する方法のことで、腸内細菌叢を維持する効果があります。当院でもシンバイオティクスを導入することで、術前化学療法の副作用を減らす効果や、手術のときの感染性合併症を減らす効果があることを明らかにしてきました。現在も積極的に使用しています。

3)術後の嚥下機能評価および嚥下訓練
食道がんの手術により、嚥下機能(飲み込む力)が低下します。当院では、手術前および手術後に嚥下造影を行うことで、各患者さまの嚥下機能を評価します。さらに、言語聴覚士による嚥下リハビリもおこなっております。

④術後の免疫治療(がんワクチン治療)当院では、術後の再発予防として免疫治療(がんワクチン治療)を行っております。根治手術を行ったのちに、食道がんに関連するペプチドを投与することで、患者さんのリンパ球を活性化させてがん細胞に対する攻撃力を高めるのが目的です。詳しくは、外来主治医にご相談ください。

胃がん

胃がん、食道胃接合部癌、胃粘膜下腫瘍に対する術式

治療法 入院 治療日数
胃全摘術 入院 術前2日間
術後6~7日間
噴門側胃切除術 入院 術前2日間
術後6~7日間
幽門側胃切除術 入院 術前2日間
術後6~7日間
胃局所切除術 入院 術前1~2日前
術後5~6日間
腹腔鏡検査 入院 術前1日間
術後2~3日間

横スクロールできます

・腹腔鏡下胃切除術(PDF)
・ロボット支援胃切除術(PDF)
・機能温存手術(PDF)
・食道胃接合部がんについて(PDF)
・ICG蛍光法によるナビゲーション手術(PDF)
・蛍光腹腔鏡検査(PDF)
・腹腹腔内化学療法(PDF)
・腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)(PDF)

  

大腸がん

治療法 入院 治療日数
結腸切除術 入院 術前2日間
術後10~24日間
直腸切除術 入院 術前3日間
術後10~20日間

横スクロールできます

早期直腸がんに対する治療
早期の直腸がんに関しては、経肛門的に局所切除を行い、切除後に放射線・化学療法を行っています。
ナビゲーション手術
術中ICG注入と赤外線カメラを用いたセンチネルリンパ節ナビゲーション手術を導入し、過不足のないリンパ節郭清を行っています。
進行直腸がんに対する肛門温存手術・ISR(内括約筋切除術)
肛門に近い直腸がんであっても『究極の肛門温存手術』と言われる内括約筋切除(ISR)を行うことにより、自然肛門を温存することが可能です。これまでに100例以上の実績があります。
進行直腸がんに対する集学的治療
術前化学(放射線)療法を行い、できる限り肛門を温存できるようにしています。

肝・胆道がん

治療法 入院 治療日数
肝切除術 入院・外来 術前3-5日間
術後10-14日間(開腹手術)
術後5-7日間(腹腔鏡手術)

横スクロールできます

進行肝細胞がんに対する集学的治療
門脈内に広がった進行肝がん(腫瘍栓)に対して、体幹部定位放射線治療(SBRT:stereotactic body radiotherapy、12Gyx4回)を行い、速やかに外科切除を行う集学的治療を行っています。(平成24年度がん集学的治療研究財団 助成研究)
肝細胞がんに対する腹腔鏡手術
低侵襲治療である腹腔鏡下肝切除術を行っています。
近赤外光を利用した肝細胞がんの術中微小転移診断
術前にICGという色素を注射することにより肝細胞がんが蛍光を発する性質を利用してICG蛍光カメラを用いた術中微小肝がんの検索、腫瘍位置確認を行い、がんの取り残しのない手術を行っています。
進行胆道がん(胆管がん、胆のうがん)に対する集学的治療
化学療法、放射線療法を行った後に根治切除を行うことで治療成績向上を目指しています。
肝臓病情報誌「ひまわり」の提供
肝臓病・肝臓がんに関して、タイムリーな情報を紙面で提供するための情報誌「ひまわり」を作成しています。

膵がん

治療法 入院 治療日数
膵切除術 入院 術前7日間
術後35-42日間(ただし術後補助化学療法の期間28日間を含む)

横スクロールできます

術前化学放射線療法
手術に先立ち再発の危険部位に対する放射線療法を放射線増強効果がある抗がん剤を併用しながら実施しています。外来通院可能です。
術後肝潅流化学療法
切除後に最も多くみられる肝転移再発を防止するために、術後の入院期間を利用し肝臓にのみ高濃度の抗がん剤を投与することで、全身の副作用を軽減しつつ肝転移再発を著しく低下させています。
膵がんに対する過不足やがん遺残のない安全な切除
術中に膵管鏡、コンタクトスコープ、迅速細胞診などでがんの進展範囲を的確に診断し、がん遺残や不必要な切除を防いでいます。蛍光を用いた血流測定などで安全性を向上させています。

診療実績

2017年悪性腫瘍手術症例数 1,015例
食道がん 100、胃がん 273、大腸がん 324(結腸がん 148、直腸がん 176)、肝細胞がん 45、胆管がん 25、胆嚢がん 13、転移性肝がん 38、膵がん 112
いずれも日本でトップクラスの症例数です。

食道がん

手術症例数
食道がんに対する食道切除術

  2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
症例数 61(8) 71(13) 86(27) 86(31) 100(50)

( )内は胸腔鏡下手術数

横スクロールできます

治療成績
2001年1月1 日より2008年12 月31 日に手術を行った症例の5年生存率

  ステージ0 ステージI ステージII ステージIII ステージIV 全症例
5年 生存率 90.6% 75.6% 73.0% 51.6% 24.5% 54.4%
症例数 28 65 117 120 145 475

※ 食道癌取扱い規約第10 版によるpStage 別成績

横スクロールできます

当院での気管もしくは大動脈に浸潤のある食道癌症例の治療成績
化学療法もしくは化学放射線療法後に浸潤が解除される割合 47%
遺残なく切除できた場合の5年生存率 56%

胃がん

治療件数(2017年)
幽門側胃切除術 173件(150)
胃全摘術 43件(28)
噴門側胃切除術 25件(24)
局所切除術 16件(16)
バイパス術 6件(3)
腹腔鏡検査 26件(26)
その他 10件
299件(257)

( )内は胸腔鏡または腹腔鏡下手術件数

横スクロールできます

治療成績
5年生存率

  ステージI ステージII ステージIII ステージIV 全症例
5年生存率 93.0% 77.8% 45.8% 20.0% 80.8%
症例数 1297 364 318 26 2005

※ 胃癌取扱い規約第13 版によるpStage 別成績
※ステージI:IA とIB を合わせたデータ
※スーテジII;IIA、IIBを合わせたデータ
※ステージIII:IIIA とIIIB を合わせたデータ

横スクロールできます

当院での気管もしくは大動脈に浸潤のある食道癌症例の治療成績
化学療法もしくは化学放射線療法後に浸潤が解除される割合 47%
遺残なく切除できた場合の5年生存率 56%

大腸がん

治療件数(平成29年1-12月)
結腸がん手術 156
結腸癌根治術 144 (開腹手術 34 腹腔鏡下手術 110)
その他の結腸がん手術 8
結腸癌非切除術 4
直腸がん手術 146
直腸根治術(肛門温存) 115 (開腹手術 30 腹腔鏡下手術 85)
直腸根治術(肛門非温存) 14 (開腹手術 10 腹腔鏡下手術 4)
GIST/粘膜下腫瘍等根治術 6
直腸癌非切除術 11
その他 49
351

横スクロールできます

治療成績
2004-2007年治療・大腸癌症例の5年相対生存率

ステージ Stage I Stage II Stage III Stage IV
相対生存率 97.60% 91.40% 81.30% 18.80%
症例数 252 116 134 113
2004-2009年治療・大腸癌症例の5年相対生存率

ステージ Stage I Stage II Stage III Stage IV 全症例
相対生存率 100% 90.90% 80.90% 26.30% 83.70%
症例数 150 61 101 72 395

横スクロールできます

肝・胆道がん

治療件数(2017年)
肝臓 葉切除術以上 15件
区域切除術 19件(3)
部分切除術 57件(30)
その他 1件
92件(33)
胆道 膵頭十二指腸切除術 21件
肝葉切除以上 5件
肝切除 12件(2)
その他 14件(6)
52件(8)

( )内は腹腔鏡下手術件数

横スクロールできます

治療成績(2001~2017年)

肝がん ステージI ステージII ステージIII ステージIV 全症例
5年 生存率 81.0% 73.3% 43.1% 33.1% 67.3%
症例数 95 352 115 38 600
胆道がん ステージI ステージII ステージIII ステージIV 全症例
5年 生存率 84.0% 64.5% 57.8% 18.8% 66.7%
症例数 69 131 38 14 252

※ 胆道癌取扱い規約第5 版によるpStage 別成績

横スクロールできます

膵臓がん

膵手術総件数(2017年)
膵頭十二指腸
切除術
膵体尾切除術 膵全摘術 膵中央切除術 その他
80件 38件 5件 3件 14件 140件

横スクロールできます

治療成績
術前治療非施行例(2003-2017;n=170)

pStage(第7版による) 0-I II III IV
5年 生存率 85% 41% n/a 0%
症例数 60 96 0 14
術前治療施行例(2003-2017;n=516)

切除可能性分類 切除可能(Resectable) 切除可能境界(BR-PV) 切除可能境界(BR-A)
5年 生存率 55% 48% 31%  
症例数 269 129 118 516

※ 2002年よりジェムザール併用術前化学放射線治療をcStage IVa症例に施行。その後、適応症例を徐々に拡大し、現在ではcStage III/cStage IVa全例で術前化学放射線治療を施行している。

横スクロールできます

学会認定

● 日本消化器外科学会専門医修練施設
● 日本外科学会認定医修練施設
● 日本気管食道科学会認定機関食道科専門医研究施設(外科食道系)
● 肝胆膵外科学会高度技能医修練施設A
● 食道外科専門医認定医専門施設

スタッフ紹介

職 名 氏 名 専門分野 認定医/専門医/指導医
病院長 左近 賢人 肝・胆・膵臓がん 日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器病学会指導医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
副院長 矢野 雅彦 食道がん 日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器病学会指導医
日本気管食道科学会専門医
日本食道学会食道外科専門医
主任部長 大植 雅之 大腸がん 日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本大腸肛門病学会指導医
日本消化器外科学会がん治療認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本消化器病学会専門医
副部長 宮田 博志 食道がん 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本食道学会食道外科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器外科学会がん治療認定医
副部長 大森 健 胃がん 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医
ダビンチサージカルシステム認定資格
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器外科学会がん治療認定医
副部長 安井 昌義 大腸がん 日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器外科学会消化器がん治療認定医
日本大腸肛門病学会指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本消化器病学会指導医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
ダビンチサージカルシステム認定資格
日本消化管学会胃腸科認定医
副部長 髙橋 秀典 膵臓がん 日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器外科学会がん治療認定医
副部長 和田 浩志 肝・胆道がん 日本外科学会指導医
日本肝胆膵外科学会高度技能専門医
日本消化器外科学会指導医
日本肝臓学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器外科学会がん治療認定医
日本移植学会移植認定医
日本消化器病学会専門医
副部長 西村 潤一 大腸がん 日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器外科学会消化器がん治療認定医
日本大腸肛門病学会専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
ダビンチサージカルシステム認定資格
副部長 山本 和義 胃がん 日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器外科学会がん治療認定医
日本消化器病学会専門医
日本癌治療認定医機構がん治療認定医
日本静脈経腸栄養学会認定医
日本食道学会食道科認定医
副部長 杉村 啓二郎 食道がん 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
消化器外科がん治療認定医
日本食道学会食道外科専門医
副部長 友國 晃 肝・胆・膵臓がん 日本外科学会指導医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会がん治療認定医
医長 山田 大作 肝・胆・膵臓がん 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本消化器外科学会がん治療認定医
日本移植学会移植認定医
診療主任 高橋 佑典 大腸がん 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会がん治療認定医
ダビンチサージカルシステム認定資格
(First Assistant)
診療主任 柳本 喜智 胃がん 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会がん治療認定医
ダビンチサージカルシステム認定資格
日本内視鏡外科学会技術認定医
診療主任 牛込 創 大腸がん 日本外科学会専門医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
ダビンチサージカルシステム認定資格
診療主任 飛鳥井 慶 肝・胆・膵臓がん 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会がん治療認定医
診療主任 新野 直樹 胃がん 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会がん治療認定医
ダビンチサージカルシステム認定資格
レジデント 藤井 渉   日本外科学会専門医
レジデント 村上 弘大   日本外科学会専門医
レジデント 青山 佳正   日本外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
麻酔科標榜医
レジデント 長束 佑太    
レジデント 久保 祐人    
レジデント 阿部 智喜    

横スクロールできます

外来診療表

診察室
AM PM AM PM AM PM AM PM AM PM
37 矢野
(食)
  大植
(腸)
杉村
(食)
安井昌
(腸)
宮田
(食)
38 大森健
(胃)
高橋佑
(腸)
柳本
(胃)
西村潤
(腸)
山本和
(胃)
39 山田
(肝胆膵)
新野
(胃) 
髙橋秀
(膵)
  髙橋秀
(膵) 
47     左近
(14:00~)
     
50       飛鳥井
(肝胆膵)
和田浩
(肝胆)
52   友國
(肝胆)
     
56   松浦成        

横スクロールできます